FC2ブログ
2011.05.15 (Sun)

映画「ブラック・スワン」


ブラック・スワン


岩田守弘さんが “唖然として・・・” “ありえない・・・” という感想を持たれた映画「ブラック・スワン」。ABTのソリスト、サラ・レーンのボディ・ダブル騒動も耳に新しい中、怖いものみたさに映画館まで行ってきました・・・・・



・・・・・で・・・・こ、これは、これは、けっして純粋なバレエ映画ではなかったのでした。それからこの映画はR15なので、バレエ映画だと思い込んで15歳未満のお子ちゃまを連れて行ってもいけないのです。どうぞお気をつけ下さいますよう。

自分は間違った思い込みで「ブラック・スワン」をみに映画館まで出かけてしまったので、めくるめく展開に、最後には一体なんじゃこりゃ、と笑えてきたくらいでした。バレエ・ファンにとっては、それはそれでそんな楽しみ方もできるサイコ・ミステリー&ホラー映画。ただし、真剣にバレエに打ち込んでいる人ほど頭にくることは請け合い。そうでもない人、スキャンダルに興味を持てる人にはかなりおすすめ。

さすがにナタリー・ポートマン、アカデミー主演女優賞をもらうだけの演技。少し触れると傷つきそうな常に怯えた自信のない表情を、クライマックスの黒鳥でがらりと豹変させてみせる落差はみもの。黒鳥の演技に熱狂的にわく客席。ありえないくらいのスタンディングオベーションのありきたりな展開にも笑えます。

バレエ団でのプリマ争い、リハーサル、後援者向けのパーティー(この辺りにはバレエ映画の趣もそこはかとなく漂います)、プリマを下ろされ引退に追い込まれたヴェテラン・プリマの自暴自棄、主人公と母親との異常な確執、自傷、ドラッグ、レズ、自慰、セックス、ついでに変身SFXまで・・・とりあえず、これだけ詰め込んでおきゃぁ、観客も喜べるだろうという制作者側の意図(?)を受け止め、2時間弱のひと時を楽しんでまいりました。


テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:18 |  映画  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2011.05.06 (Fri)

映画「初恋」など シネマヴェーラ渋谷




オードリー・ヘップバーン出演の「初恋」。シネマヴェーラ渋谷「映画史上の名作 5」で5月4日に鑑賞。「ローマの休日」前年の1952年の作品。原題は"Secret People"。邦題からはかけはなれたこのタイトル通り、美しき姉妹が独裁者暗殺計画に巻き込まれるというストーリー。オードリーは主人公の姉の大事な妹の役で若いバレリーナを演じる。

ストーリー云々というより、オードリーがキュート過ぎる。スタジオでのオーディションで踊る姿が溌剌としていた。小鹿のようにぴょんぴょん跳ね回る様子は、可憐な妖精を連想させる。

出番はさして多いわけでもないが、魅力の片鱗は既に表れている。「ローマの休日」で何度も聞いた魅力ある声の響き、細いウエストライン、のびのびとした動き。目を惹きつけられずにはいられない。舞台での鬘をつけたチュチュ姿も愛らしい。ショパンの円舞曲の軽快で早いリズムにのる軽やかな姿は愛らしさに溢れる。


オードリー・ヘプバーンの初恋-HDリマスター版- [DVD]オードリー・ヘプバーンの
初恋
HDリマスター版- [DVD]


(2009/11/27)
オードリー・ヘプバーン、
ヴァレンティナ・コルテーゼ 他

こちらのDVDのアップのオードリーは「初恋」からではなく「パリの恋人」のもの。チュチュ姿のほう、こちらは「初恋」から。


4日は「初恋」の他、D・W・グリフィスの「イントレランス」(1916)、ローレル&ハーディの「普通じゃない」(1929)。

4月25日にはジャン・ルノワールの「どん底」(1936)にエイゼンシュティンの「アレクサンドル・ネフスキー」(1938)(音楽:プロコフィエフ)。「どん底」は大昔に中之島のSABホールだかフェスティバルホールでの映画上映会でみて以来の再会。ジャン・ギャバンのあたたかい魅力もさることながら、落ちぶれ男爵役のルイ・ジューヴェ、賭けの後に煙草に火をつけるかどうかの例のシーンはもちろんのこと、飄々とした演技が忘れ難い。


テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:31 |  映画  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2011.04.25 (Mon)

映画「ダンシング・チャップリン」 4月16日 銀座テアトルシネマ


「ダンシング・チャップリン」 ミニミニトゥシューズ キーホルダー
「ダンシング・チャップリン」 ミニミニトゥシューズ キーホルダー 
劇場で初日の予約をした時にもらえた
Chacottのミニミニトゥシューズ キーホルダー


初日の2回目をみにいきました。周防正行監督と草刈民代さんの舞台挨拶つき。初回上映後の舞台挨拶では、観客も帽子とチョビ髭姿で、周防監督と草刈さんと記念撮影したそうなので・・・・・
       ・・・・・2回目にしておいてよかった(^ ^;)

で、映画は・・・素晴らしかったです!!!

バレエという、訓練を重ねた上に得られる、肉体を最も美しく輝かせる動きを通してのチャーリー・チャップリンへの素晴らしいオマージュ。うんとうんと昔初めてチャップリンの「モダン・タイムス」をみた時、こんなに面白くて心の温まる映画があるのか、と衝撃を受けた時の記憶が久々に新鮮に甦ってきました。チャーリーの心を見事に抽出して具現化。ローラン・プティの振付で踊るボニーノさんに、チャーリーの魂がみえたのに泣けた。チュチュを首に、手にはトウシューズで踊ってみせる、おなじみ「小さなトゥ・シューズ」なんてほんと楽しくって・・・で泣ける。

そして、草刈さんの瞳の色は、「キッド」のジャッキー・クーガンであり、「街の灯」のヴァージニア・チェリルであり・・・チャーリーの映画のヒロインの姿を美しく、そしてコミカルにおどけてみせる表現力が豊か。

「モダン・タイムス」の“スマイル”の曲にのり、白の美しいチュチュをふわりと広がらせる「空中のバリエーション」での草刈さんを支えるリエンツ・チャンの姿も温かくて素敵。

チャーリーの映画では、しばしばチャーリーと滑稽な追いかけっこをみせる警官たちが、「ダンシング・チャップリン」では、戸外の緑の公園で駆け回るのも底抜けに愉快。プティの許可を得られていなかったのにもかかわらず、戸外で撮られたこのシーン、そして、完成した作品をみたプティの反応については、映画をみる前から宣伝で知らされていた。文藝春秋2011年5月号に掲載されている周防さんのエッセイでは、周防さん、映画は何の予備知識もなくみられたいのに、それにもかかわらず、宣伝活動をしなければならない、という矛盾した思いを語られている。もし、警官の戸外のシーンについて、予備知識なしに映画をみることができていたら、その時にはまたどんなふうに感じることができたのかな、とも思いました。

フィナーレのボニーノさん、チャーリーから次第に素のボニーノさんに戻っていく。お金持ちそうなママ(草刈さん)に連れられた女の子(ボニーノさんの姪御さん)にもらったばかりのコインを大事そうにポッケにしまい、上着を右肩にかけ、山高帽は左手に、一本道をゆったりと歩いていく。この“一本道”というのにまた「モダンタイムス」のラストシーンが重なり、ぐっときてしまったなぁ。放浪者チャーリーの、あったかくって切なくって愉快な精神をぎゅっと凝縮してみせた、プティと周防さんとボニーノさんと草刈さん、ダンサーたちの、素敵な宝物のような「ダンシング・チャップリン」でした。


テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:51 |  映画  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2011.04.18 (Mon)

銀座テアトルシネマでバレエ映画の特集上映 5/1~6/3

銀座テアトルシネマ にて、「ダンシング・チャップリン」の公開を記念して、バレエ映画の特集上映が開催されます。全13作品。料金は1作品1,000円均一。連日21時30分よりの上映。上映終了時刻が23時を超える場合には、東京都の条例により18歳未満は入場できないそうです。




上映期間:5/1(日)~6/3(金)
料  金:1,000円均一(1作品)
上映時間:連日21:30より

5/1(土),3(火),5(木)
 ベジャール、そしてバレエはつづく (2009)
  上映時間:80分(22:50終了予定)

5/2(月),4(水),6(金)
 オーロラ (2006)
  上映時間:96分(23:06終了予定)

5/7(土),10(火),13(金)
 エトワール (2001)
  上映時間:100分(23:10終了予定)

5/8(日),11(水)
 バレエカンパニー (2003)
  上映時間:112分(23:22終了予定)

5/9(月),12(木)
 ラ・ピエトラ 愛を踊る女 (2003)
  上映時間:113分(23:23終了予定)

5/14(土),16(月),18(水),20(金)
 ベジャール、バレエ、リュミエール (2002)
  上映時間:95分(23:05終了予定)

5/15(日),17(火),19(木)
 バレエ・リュス 踊る歓び、生きる歓び (2005)
  上映時間:118分(23:28終了予定)

5/21(土),24(火),27(金)
 Ballerina マリインスキー・バレエのミューズたち (2006)*
  上映時間:77分(22:47終了予定)

5/22(日),25(水)
 オーレリ・デュポン 輝ける一瞬に (2010)*
  上映時間:58分(22:28終了予定)

5/23(月),26(木)
 ベジャール・バレエ・ローザンヌ 80分間世界一周 (2008)*
  上映時間:90分(23:00終了予定)

5/28(土),31(火),6/3(金)
 モーリス・ベジャール・バレエ団 パリ・オペラ座へ (2010)*
  上映時間:62分(22:32終了予定)

5/29(日),6/1(水)
 マチュー・ガニオ&カルフーニ2人のエトワール (2008)*
  上映時間:91分(23:01終了予定)

5/30(月),6/2(木)
 アニエス・ルテステュ 美のエトワール (2005)*
  上映時間:53分(22:23終了予定)

*印はデジタル上映(DVD・DV-CAM)



テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  08:20 |  映画  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2011.04.08 (Fri)

「ダンシング・チャップリン」関連の掲載記事




4月16日(土)の「ダンシング・チャップリン」公開に向け、メディアへの露出が増えている草刈民代さんに周防正行監督。

「キネマ旬報」2011年4月15日号では、“対談 周防正行×草刈民代”などが特集されております。4月7日発売の週刊文春4月14日号では、阿川佐和子さんの連載対談に草刈民代さんが登場。


現在発売中の「ダ・ヴィンチ」2011年5月号では、山岸凉子さんも「ダンシング・チャップリン」を強く推しておられる・・・公開を楽しみにいたしましょう。


テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  00:15 |  映画  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.11.12 (Fri)

ディノ・デ・ラウレンティス 死去

ディノ・デ・ラウレンティス死去(享年91)のニュースに、えっ、では、つい今まで実は御健在であられた・・・と映画をよくみていた頃に慣れ親しんだこのイタリア人映画プロデューサーの名を久し振りに目にして、感慨にとらわれる・・・

・・・なんてことを言いながら、ラウレンティス制作の映画、て何だっけ、ソフィア・ローレン(第22回高松宮殿下記念世界文化賞を受賞して、先月10月に来日したばかりのローレンのグラマラスぶりの健在な様子といったら!)の夫君であった故カルロ・ポンティともごっちゃになってるよね、自分、とWikipediaなどを覗いてみると、あらっ、フェリーニの「道」(1954)、オードリー・ヘップバーン出演の「戦争と平和」(1956)などはポンティとラウレンティスの共同の製作だったのだな。

最近の「ハンニバル」(2001)とか「レッド・ドラゴン」(2002)とか「ハンニバル・ライジング」(2007)あたりはもう全然みていなくって・・・そうそう、これはみたっけ、と思いだせるのは、アル・パチーノが汚職警察官を告発する「セルピコ」(1973)、チャールズ・ブロンソンの処刑もの「狼よさらば」(1974)、言わずと知れた「キングコング」(1976)、アメ・コミ原作の「フラッシュ・ゴードン」(1980)、ジョン・ローンのチャイナ・マフィアぶりの際立つ「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」(1985)などなどだなぁ。

それより、みたかったのに、出会う機会がなかったな、というのがいくつかあった。ラウレンティス最初の妻、シルヴァーナ・マンガーノ主演の「にがい米」(1949)とか、「道」ではいたいけなジェルソミーナを演じたジュリエッタ・マシーナが、男に騙され続ける娼婦役の「カビリアの夜」(1957)とか、ジェーン・フォンダがエロティックSF活劇に主演しているという「バーバレラ」(1968)とか・・・

いつかまたみることができるかな・・・
・・・ディノ・デ・ラウレンティス、ご冥福をお祈りいたします。


テーマ : 心に残る映画 - ジャンル : 映画

EDIT  |  21:09 |  映画  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2010.10.04 (Mon)

映画 「熱砂の舞」 '26米 渋谷シネマヴェーラ 9月30日

ルドルフ・ヴァレンティノ!

映画スターをずらりと並び上げた本を昔持っていたのだけれど、そんな類の書の必ずやトップを飾っていたのが、このヴァレンティノだったのではないかと思う。

31歳という若さで亡くなった、サイレント時代のハリウッド・スター、ルドルフ・ヴァレンティノ。NYでの葬儀に、とてつもない数の女性ファンたちが参列したというエピソードは、確か淀川長治さんの著書でいつか読んだことがある。たぶんその時に初めてヴァレンティノの名を知ってから幾星霜、やっと出会えたこの「世界の恋人」。

この日にみることのできたのは、ヴァレンティノの遺作である「熱砂の舞」。ただのラヴロマンスかと思ったら、意外にもヒーロー、ヒロインの移り行く心理を追っていく様子がとても面白かった。砂漠の族長の息子アーメッドである、ただただ二枚目、颯爽たるヴァレンティノ。彼と恋に落ちる美しい舞姫ヤスミン(ヴィルマ・バンキー)。この美男美女の二人が甘い恋に落ち、ところが不幸にも激しく憎み合うことになるのだけれど、最後には誤解も解け、大団円を迎える。

光を放つように美しい二人が、まだお互いの名も知らぬうちに交わす甘い口づけ。ところが奸計に陥り、激烈な憎しみをお互い相手に向けることとなってしまう。甘い囁きに満ちていたヴァレンティノとヴィルマの美しい瞳が、今度は憎悪に燃え上がってしまう激しさと言ったら!

その誤解もやがては解け、拉致された美女ヤスミンを追い、砂漠の中を馬で疾走するアーメッド。見事な映像。まさに痛快、手に汗握る大活劇。

このヴァレンティノ、女性を虜にする甘い顔立ちだけでなく、身体もすごい。両の腕を組んでみせる上腕の逞しさに驚いてしまう。「熱砂の舞」では、アーメッドの父である貫禄ある族長も実は演じていたらしいのだけれど、全く気がつかなかった。アーメッドの母は、その昔、その族長にさらわれてきて妻となったというエピソードを持ちながら、今や夫とラブラブという、現在では考えられないようなシチュエーションも、当時のアメリカの男女関係の許容度を推し量ることができるようでちょっと興味深い。

ルドルフ・ヴァレンティノ。どこまでも男らしく逞しい肉食系でありながら、女性の心を掴んで離さない甘いマスクを持つこの俳優、こうなりゃ、次は是が非とも、彼が闘牛士を演じているという「血と砂」をみてみたいものだなぁ。


1926年/サイレント/モノクロ/67分/アメリカ
監督:ジョージ・フィッツモーリス

えっ、ほんとに67分しかなかったの???というくらい、面白さがギュッと詰まっていた~!


EDIT  |  22:30 |  映画  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.09.14 (Tue)

「歴史は夜作られる」 の三鞭酒って?


“三鞭酒”、て一体何かと思った。


「歴史は夜作られる」、字幕も一体全体日本公開当時のものなのか、すんごく古くって、この不思議な名の、字面からはあまり美味しそうにも思えないお酒が、主人公から、彼の勤めるレストランの楽団員に盛大に振舞われるのです。





一体何のお酒かと思ったら、なぁんだ、
        
          “シャンパン”のことでした~ (゚∀゚;)・・・


テーマ : 日記 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:57 |  映画  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.09.13 (Mon)

映画「歴史は夜作られる」 '37米 

北浜の三越劇場でみて以来久し振りの「歴史は夜作られる」

シャルル・ボワイエにジーン・アーサーと再会できた~

なぁんて素敵で大人なラヴ・ロマンス、

粋でおしゃれな甘い恋、

友情にサスペンスにスペクタクルまでついてくる、

今さらながら、夢中になってみてしまった・・・


10日ほど前に美容院でみたFIGARO 10月号のエッセイでこの映画が写真付きで取り上げられているのをみつけて、同じ日に、その昔三越劇場でもらったチラシからボワイエ&アーサーの写真を切り取ったものがひょんなところから出てきて、そのうえ、シネマヴェーラ渋谷から届いたお知らせでは、なんと今月上映されるというのだもの。万難を排し(?)、なんとか今日の最終回上映にすべりこめました。行った甲斐があったわ~。シャルル・ボワイエ、ほんと素敵~~。


テーマ : 日記 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  00:15 |  映画  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.05.17 (Mon)

映画「国民の創生」(1915米) 5月16日 15:00 東京国立近代美術館フィルムセンター小ホール

お、おもしろかった。

無声映画の、しかも168分という長丁場。D・W・グリフィスの長大編。サイレントとの意識は事前にはあったのだけれども、さほど気にも止めず、BGMくらいは流れているだろうと軽く考えていたら、ほんとに全くの無声。時折字幕の出る程度。

初めはどうなることかと思った。だって登場人物の男女達からして皆モノクロームの画面では判別がつき難く、誰がどうしてどうとやら。一体誰と誰とが兄弟、恋人同士、などとは全くわからない。それでも忍耐強くみ続けているうちに、どうやら2家族を中心に据えた物語らしいということがわかってくる。

物語は南北戦争での激しい戦い、そしてその後の政治の混乱、その中での2家族の息子たちと娘たちの苦難とラヴロマンスを描いている。

アメリカの歴史について深くは知らぬので、ストォリィの是非を語ることはできないけれども、南北戦争に、戦後の混乱の中で勃発した新たな戦いの描写が迫真。第一次大戦以前の物語なので、戦車も飛行機も当然出てこない。まさに身体を張った肉弾戦。肉体と肉体のぶつかり合い、銃撃戦、砂煙を上げて駆ける馬。音がなくとも聞こえてくるようなハラハラワクワクとする大スペクタクル。

ヒロイン、リリアン・ギッシュがまことに美しい。愛らしい顔立ちの回りをぐるりと飾る美しい巻き毛。豊かな髪は花で装飾されていたり、レースで覆われていたり。身にはフリルのたっぷりと使われたドレスをまとっている。原宿あたりにいそうなロリータ系の女の子でも十分に参考に出来るのではなどと思ってしまった。

同じくギッシュとグリフィスの「イントレランス」、ン十年前にみたことがあるはずなのだけれど、遥か記憶の彼方。こちらもまたみることができたらなぁ。


テーマ : 映画 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:05 |  映画  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
PREV  | HOME |  NEXT

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

FC2カウンター