FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2013.05.17 (Fri)

第15回記念 別府アルゲリッチ音楽祭 アルゲリッチ & マイスキー デュオ 5月11日 17:00 ビーコンプラザ フィルハーモニアホール その2


ビーコンプラザ
会場のビーコンプラザ


アルゲリッチもマイスキーも初めて。豊かな音楽感が熱く交錯したコンサート。まずマイスキーのボーイングの激しさに度肝を抜かれた第一曲目、ストラヴィンスキーのイタリア組曲。アルゲリッチとマイスキーのデュオはディナミークのレンジが極めて大きいために表現の幅が広がり、例えば激しさと繊細な静寂、その落差に思わずハッとさせられた。楽譜上に定められた音符に従っての演奏の筈なのに、まるでその場で即興的に生み出される音を聴いているような強烈なライヴ感があり、二人の間の白熱した緊迫感に息を呑んだ。

ベートーヴェンのチェロ・ソナタ 第2番は、チェロとピアノの主張がそれぞれ戦っているかのように響いた。旋律を大胆に叩き出すアルゲリッチに、チェロが負けじと戦いを挑んでいっているようにも聴こえた。第2楽章のAllegroのワイルドな軽快さが魅力的。

休憩後は、ベートーヴェンとは打って変わって、豊穣なチェロの響きにピアノが静かに美しく寄り添うシューベルトのアルペジョーネ・ソナタ イ短調。そして鍵盤の上をアルゲリッチの手が自由闊達華麗に飛び、ポロネーズのリズムにチェロが豊かに歌うショパンの序奏と華麗なポロネーズ ハ長調。

アンコールは、ピアノとチェロのとろけるように溶け合う響きの美しいシューマンの幻想小曲集。そしてショパンのチェロソナタ ト短調 第3楽章では、ピアノとチェロが同時に減衰していく最後の一音がとても美しかった。

アンコールはまだ続く。一旦座席をたった一部の観客も、再び客席に戻ってくる。ショスタコーヴィッチのチェロソナタ ニ短調の第2楽章は、これまでの曲とは毛色がまるで変わり、音程にリズムの面白さが際立って響いた。客席総立ちの大盛り上がり。

共演35周年を迎えたお二人の阿吽の呼吸は、手慣れているようで新鮮さ・緊張感に満ち、心は捉えられっぱなし。実に素晴らしいコンサートだった。来年も行けたらなぁ。不意の出演キャンセルの心配もまず無いし。


アルゲリッチ音楽祭の幟
別府の町のあちらこちらに立つ
アルゲリッチ音楽祭の幟



関連記事

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

EDIT  |  00:36 |  コンサート  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。