FC2ブログ
2013.01.17 (Thu)

新国立劇場 2013/2014シーズンの概要

今日届いていた「The Atre」2月号。まず目に入ってきた表紙の舞台写真は、この間の「セビリアの理髪師」だな。少し目をそらせば、表紙中ほどに、あらっ、大きく「2013/2014シーズン ラインナップ発表!」と記されてる。まだ融けきらぬこの間の大雪のことなどなどで頭が一杯になっていた。そうか、もう来シーズンの概要が発表される時期。

バレエの新制作は、バランシン振付「アポロ」、ニジンスカ振付「結婚」、バランシン振付「シンフォニー・イン・3 ムーヴメンツ」、「シンフォニ~」と併演のマーネン振付「大フーガ」(1971年ネザーランド・ダンス・シアター初演)&ジェシカ・ラングの新作、そしてビントレー振付「ファスター」(2012年6月イギリスで初演)。

初演時にワクワクさせられた「パゴダの王子」の再演は楽しみにしていた。他、胸がひりひりする愛の物語は「白鳥の湖」で味わえるか。



新国立劇場 2013/2014シーズン

バレエ

バレエ・リュス ストラヴィンスキー・イブニング
  火の鳥/アポロ/結婚
くるみ割り人形
白鳥の湖
シンフォニー・イン・3 ムーヴメンツほか (中劇場)
カルミナ・ブラーナ/ファスター
パゴダの王子



オペラ

リゴレット (新制作)
フィガロの結婚
ホフマン物語
カルメン
蝶々夫人
死の都 
(新制作)
ヴォツェック
カヴァレリア・ルスティカーナ/道化師(新制作)
アラベッラ
鹿鳴館 (中劇場)




関連記事

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  18:58 |  バレエ情報  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

FC2カウンター