FC2ブログ
2012.12.18 (Tue)

「シンデレラ」 新国立劇場 12月15日 14:00 その3


新国立劇場 「シンデレラ」 2012.12.15
ホワイエに展示されていた衣装


とにもかくにも小野絢子さんのシンデレラに目が釘付けになったこの「シンデレラ」。

吉田都さんの踊りを思い出してしまうようなポジションの正確さに音楽性の豊かさ、そして何よりも場面の空気を掴む天真爛漫な表情がよかったなぁ。目が離せなかった。

お城の舞踏会では、出会った王子と目と目を見合わせ、女の子の幸せの喜びで笑顔を輝かせ、12時の鐘にあぁしまった、とあわてふためき、貧しい身なりに戻った自宅の暖炉の前で、身体に残る舞踏会の余韻を思い出し踊りだすうちに、エプロンの中にキラキラ光る靴をみつける。あぁあれはやっぱり夢ではなかった、とガラスの靴をいとおしむシンデレラが愛らしい。

再びキラキラのお姫様姿となったシンデレラの、王子とゆったりと踊る幸福で一杯の表情がとても美しかった。

この「シンデレラ」はけっして不幸を感じさせたりはしない。貧しい身なりで、意地悪な義姉たちのもと下働きに励むシンデレラは、亡くなったお母さんのことを思い出して思わず泣いてしまうこともあるけれど、それでもいつでも笑顔を忘れない。貧しい自分の境遇の中で小さな喜びをみつけながら毎日をおくる、そんな彼女の素直な心がつかんだ幸せが、舞台を温かい空気で満たしていた。


新国立劇場 2012.12.15   
クリスマス仕様のホワイエ売店の
かぼちゃのランタン


関連記事

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  00:36 |  バレエ公演  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

FC2カウンター