FC2ブログ
2012.11.30 (Fri)

「白鳥の湖」 スコーリク & セルゲーエフ マリインスキー・バレエ 11月29日 13:00 東京文化会館 その2

第2幕、スペイン、ナポリ、ハンガリー、マズルカの、民族舞踊らしい特徴のある動きを、ダンサー達が粋にかっこよくきめるところもとても楽しい。それぞれの衣装もゴージャス。

イスロム・バイムラードフののびやかなスペインが小気味よかった。「ラ・バヤデール」のインドの踊りでも活躍したバイムラードフ、これらの役柄とは対極の位置にある「アンナ・カレーニナ」でのアンナの夫役の、両目に深い悲しみを湛えながら自らを規範で縛る、暗い表情も忘れられない。

また、アレクサンドラ・イオシフィディ。こちらは「ラ・バヤデール」のインドの踊りでのダイナミックな踊りに目を見張ったものだったけれども、スペインの踊りはもとより、4羽の大きな白鳥の1羽を踊る迫力ある(?!)ボディによる表現に目を惹きつけられた。あれっ、イオシフィディ、「アンナ・カレーニナ」ではアンナの友人役を演じてたのね。「アンナ・・・」では、登場人物の相関関係を理解するにややこしく、主にアンナ、アンナの夫、ヴロンスキーに注目していたためか、彼女を認識してなかったよ。残念。


まぁとにもかくにも、セルゲーエフ王子の美しさに注目し続けたこの日の「白鳥の湖」でした。オディールに欺かれたことにようやく気づいて嘆く王子、ふわりとしたジュテの美しい王子、オデットに許しを請い、彼女を扱う手に愛が満ちた王子、ロットバルトへと立ち向かい、遂には悪魔の羽根をもぎ取る勢いも優雅な王子。麗しの王子の姿に大満足。


関連記事

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:55 |  バレエ公演  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

FC2カウンター