FC2ブログ
2012.09.16 (Sun)

「同期生 『りぼん』が生んだ漫画家三人が語る45年」


同期生 「りぼん」が生んだ漫画家三人が語る45年
同期生 「りぼん」が生んだ漫画家三人が語る45年

同期生
「りぼん」が生んだ
漫画家三人が語る45年
(集英社新書)

(2012/09/14)
一条 ゆかり
もりたじゅん
弓月光


書店の新書コーナーに何気に足を向ければ、目に飛び込んできたこの表紙。1967(昭和42)年、集英社「りぼん」の第1回りぼん新人漫画賞の入賞者、一条ゆかり、もりたじゅん、弓月光・・・漫画界最強の同期生、というキャッチコピーの三氏がそれぞれに語る、45年に渡るご自身のマンガ人生。即買決定。

その昔、禁断(?!)の展開に衝撃を受けつつ虜となった一条ゆかり氏の「砂の城」。あえて作者自身が嫌いなタイプをヒロインとして設定したという、プロとしての矜持をみせる一条氏のプライドにまた衝撃。ナタリーの周囲には、逆に一条氏の好みの人物たちを配したという。

ヴォージュへの片恋が破れ失意のどん底のエレーヌが、それまで彼女を秘かに思っていたミッシェルと結ばれた(このシーンにはかなりどぎまぎしたね)後の穏やかな幸せに満ちた表情に、こんな愛の心の動きがあるんだ~、と不思議に眩しく思えた当時の自分・・・


関連記事

テーマ : 本の紹介 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:57 |   | CM(4) | Top↑

miyaさん、こんばんは。

おー、またもや少女マンガがらみの面白そうな本の紹介ありがとうございます♪早速私も読まなくては。

りぼんの新人賞同期なんですね。私が読み始めた頃は既に弓月光は週マだったし、もりたじゅんも「りぼん」で読んだ記憶が薄くレディスコミックの印象が強いですが、どんなことが書かれているか楽しみです。

ちなみに私にとっての、一条ゆかりはやっぱり「デザイナー」と「5愛のルール」ですね。
shushu |  2012年09月17日(月) 21:41 | URL 【コメント編集】

shushuさんこんばんは

「デザイナー」は単行本で読んで衝撃受けましたね~。「摩耶の葬列」なんかもすごいと思っていました。「5愛のルール」は2,3年前に初めて読みました。これも圧倒されました~。「デザイナー」のすぐ後の作品だったのですね。未完のままだなんてほんとに惜しい。

一条氏の次の作品が読めるのはいつになるのかなぁ、です。また、もりたじゅんさんが夫君の本宮ひろ志氏の画のお手伝いをなさってたとは、この本で初めて知りました。昔ヤンジャンで読んでた「俺の空 刑事編」の女性キャラなんかに、もりた氏の手が入ってたのかな~、なんて思い返してみました。
miya |  2012年09月20日(木) 00:11 | URL 【コメント編集】

「摩耶の葬列」!あの頃は、ちょっと直線的で白黒のコントラストがくっきりしたような絵の印象ですね。「クリスティーナの青い空」とか、とても情熱的でドラマティックな作品で記憶に残っています。

「5愛のルール」は連載を(クラスメートに借りて)読んでいたので、連載休止はずーっと気になっていました。あの文庫解説で何か長年のつかえがとれました(^^;)

一条さんは目の病気を患ったという記事を少し前に読みました。マンガを描くのは難しいのかも。

本宮マンガで、もりたさんが書かれたっぽい女性を見たことあります。やはり「りぼん」で書いていた佐伯かよの
さんもマンガ家と結婚されていて、お連れ合いの作品に女性キャラを、お連れ合いがメカを描いたりしているそうですから、共同作業は結構多いのかもしれません。
shushu |  2012年09月20日(木) 23:20 | URL 【コメント編集】

shushuさん、こんばんは。

「5愛のルール」、連載を読んでおられたのなら、第一部が終了したのはいいものの、いつまでもその続編を読むことができない状態が謎のままであれば、心のどこかにひっかかり続けたままでいらしたでしょうね~。

あの文庫本の解説は、「5愛のルール」を時を経て初めて目にした自分にとっても、残念な思いと共に、とても納得のいくものでした。その時、その季節にしか表現することができないものがあるのだなぁ、そこを逃してしまうなんて、編集部もなんと惜しいことをしたのでしょう!

また、作品にはお名前が出ていなくても、マンガ家同士の共同作業というのはよくあるのですね~。トキワ荘でもそうだったのでしたっけ?同著では、一条さんや弓月さんも、お互いに協力しあったことを書いておられて、とても面白かったです。女性作家の作品でメカの画力の水準も高いと、作品力もより増しますよね!
miya |  2012年09月22日(土) 22:51 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

FC2カウンター