FC2ブログ
2012.08.28 (Tue)

第13回世界バレエフェスティバル<ガラ プログラム> 8月16日 17:00 東京文化会館 その9

祝儀用の朱塗りの酒樽を壺がわりに頭にのせて現れた、チャーミングな笑顔の彼(女)を含むトリオ、この3人が3人ともこれまた美形。バレエの小道具としてはあり得ない、赤い角樽を嬉しそうに掲げているセンターの美女。その彼(女)がフリーデマン・フォーゲルなのか、マチュー・ガニオなのか、初めはなかなか判別がつかなかった。この2人、美形という点では意外にも似ているのか。額縁のように頬に沿う女性用の鬘の間から覗く、魅力的な大きな瞳。そこには、少女漫画に描かれる憧れの君の眼の中に散る星が、きらきら輝くよう。

何せ「ラ・バヤデール」マヌーの踊りのこのトリオ、(酒樽担当のどうやら)フォーゲル、それからマチュー、そしてジョシュア・オファルト。この3人が3人とも当たり前に美女過ぎて、美しく踊る姿はふつう~に健全。これまでのゴメスやマラーホフ、コボー、メルクーリエフらの面妖な面々を新宿2丁目とすれば、こちらは清く正しく美しくの宝塚の世界。

しかし、その誇る美貌のみでは、さすがにファニー・ガラの出演者たる面目もたたないというもの。踊るにつれ、胸を隠しているはずのチューブトップブラを少しずつ下にずり落とし、もし女性であるならば、見せるべきでないものをおもむろに露わにするという趣向。その度に、ブラトップをあるべき位置に引っ張り上げてやる周りの騒ぎっぷりには、ついついこちらの顔も緩んでくる。この毒気のない喜劇の最後に樽酒をあおるのはフォーゲル。(続く)


関連記事

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  01:21 |  バレエ公演  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

FC2カウンター