FC2ブログ
2012.06.25 (Mon)

「マノン」 新国立劇場 6月23日 16:00 その2

とにかく小野絢子さんのマノンにつきた新国立劇場「マノン」。初日の前に新国サイトに掲載された、小野さんのマノンの姿に抱いた大きな期待。その期待に違うことなく、小野さんの魅惑的なまなざしからは目を離すことができなかった。

馬車からマントをたなびかせて勢いよく駆け下りてきた美しいマノン。大きな瞳は黒く縁取られ、好奇心に溢れた輝きを放っている。その輝きは、無垢でもあり、また彼女自身意図せぬうちに、色気が奔放にこぼれ落ちてくるようでもある。少女の愛らしさを潜めていた瞳は、デ・グリューと出会い、異性への思いに美しくうるみ始めた。

マノンの瞳の色が再び変化をみせるのは、GMの豪奢な贈り物に魅せられた時。自分にふさわしいと判断したものの中に、自ら身を進み入れるマノンの自尊心が眩しい。この辺りのゆったりとした3拍子の音楽は、ほんとうに不可思議な響き。レスコーとGMがマノンを浮遊させる不思議な振付は、マノンを清い愛の世界から、打算的な世界へ、ひいては破滅へと足を踏み入れさせていく序曲となるよう。(続く)


関連記事

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:55 |  バレエ公演  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

FC2カウンター