FC2ブログ
2012.05.11 (Fri)

「テルマエ・ロマエ」とか「裏切りのサーカス」とか


「テルマエ・ロマエ」


そうそう、GW中にみたのだった。「テルマエ・ロマエ」。古代ローマの風呂物語。原作も読んだことなかったのだけれど、めちゃ面白かった。なぁんにも考えないでもリラックスして楽しめた。なにせ風呂だもの。

一番気に入ったのは、主人公ローマ人、ルシウスの阿部寛さんが、日本の銭湯にタイムスリップして湯船から飛び出した時の驚愕の形相。次は銭湯常連老人・いか八朗さんの限りなく素人に近いプロ役者ぶり。それから、ルシウスと出会っちゃった、上戸彩ちゃん演ずる真実の、全然イケてないファッション。これがまた可愛いんだよなぁ。大団円後、湯船の中の上戸彩ちゃん、ついうとうとして湯に沈みかけ、あわてる表情もとってもチャーミング。

全編に流れるヴェルディやプッチーニのオペラなどからの音楽も耳に楽し~い。プラシド・ドミンゴの「裏切り者め!」(「アイーダ」より)とか、ラッセル・ワトソンの「誰も寝てはならぬ」(「トゥーランドット」より)とか、その他色々。


もう1本。「裏切りのサーカス」。風呂映画でゆるゆるゆるんだ頭には、英国諜報部(通称サーカス)の入り組んだ人物関係を理解する力はもはや残っていなかった。二重スパイは誰だ?えっ??誰???え~~~っと、誰だったんだっけ??????でもね、よい映画だったと思う。漂う独特の香りがヨーロッパの映画。

細部が謎で、も一度みたいリピーター用に、半券持参で1,000円で鑑賞できるサービスあり。


関連記事

テーマ : 日記 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:14 |  映画  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

FC2カウンター