FC2ブログ
2012.03.16 (Fri)

「さまよえるオランダ人」 新国立劇場 3月11日 14:00 その4


新国立劇場 2012.3.11   


ダーラント(ディオゲネス・ランダス)。悲劇的なオランダ人とかわされる会話が、脳天気に明るい(バスだけと)のが面白かった。

舵手の望月哲也さんが伸びやかなよいテノール。ディナーミクのコントロール、リズム感がすごく気持ちいい。

力強く雄々しい男声合唱。オランダ船から聴こえるほうのは不気味悪く、心の中で「怖いよ~~」と唱えながら聴いてた。

それにしても、第1幕の幕切れ、舞台中央にせり出した舳先の舵を前にしてすっくと立つエフゲニー・ニキティンのオランダ人の姿は、なんてかっこよくって絵になっていたことだろう。オランダ人の理想像♪♪♪


関連記事

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

EDIT  |  23:55 |  オペラ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

FC2カウンター