FC2ブログ
2012.02.10 (Fri)

「バレエ」の取り上げられた 番組をみて

岩田守弘さん出演の今日の「Nスタ」、見逃した~(T T)


気を取り直して、さっきいくつかみた録画しておいたもの


「ワールドWAVEトゥナイト」(2月1日放送)
被災地の子供たちにバレエの素晴らしさを伝えるために、宮城県石巻を訪れたドロテ・ジルベール。災害の爪跡の残る光景に、ドロテの大きな瞳から涙が一筋流れたのに、泣けた。


「知りたがり!」(2月7日放送)
菅井円加さんの帰国会見など。スターダンサーズ・バレエ団代表の小山久美氏の的確な解説で、若いダンサー達にとっての“ローザンヌ”の持つ意味合いが丁寧に説き明かされていた。熊川哲也さんからのコメントによると『“ローザンヌ” そこは世界を目指す若きダンサーたちが 夢から覚め現実を直視する初めての試練の場』。日本のバレエ界の厳しい現状も合わせて、意外にも(といっちゃぁ失礼だが)とてもみごたえがあった。


「とくダネ!」(2月9日放送)
ローザンヌでコンテンポラリー賞も受賞した菅井円加さん。コンテンポラリーダンスとは何ぞやの特集。プロダンサーが踊る課題映像、というのは初めてみた。振付家の指導も合わせて撮影されている映像には、指導の音声は録音されていない。その映像から、振付家の意図したテーマを理解し、自分の表現で踊ったという菅井さん。昨年の第39回ローザンヌ国際バレエコンクールの審査員を務めた島崎徹氏が「振付家にとって一番頼りがいのあるダンサーは、自分の振付に意味を持たせる力を持っている人。みている側が、どういう意味なのかわからないのにもかかわらず、踊っている間、彼女(菅井さん)をじっと見つめてしまう力が彼女にはある。」と話されるのに、コンテみるのがちょっと苦手よりな自分でも、コンテンポラリーダンスの持つ力を理解することができた。こちらもとてもみごたえある特集だった。


You Tube:Prix de Lausanne 2012 - Finals


関連記事

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:11 |  バレエ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

FC2カウンター