FC2ブログ
2011.12.19 (Mon)

「くるみ割り人形」 新国立劇場 12月17日 14:00 その2


「くるみ割り人形」 新国立劇場 2011.12.17
終演後のねずみさんたち


シュタルバウム家での華やかなクリスマス・パーティーも、くるみ割りの王子とねずみの王様の戦いも、雪の美しい世界も、踊りに衣装に美術にと、どれもとても素敵だった第一幕。次の幕への休憩をホワイエで過ごした後に客席に戻れば、オーケストラの流れるような演奏が、幕の開く前から再び夢の世界へといざなってくれた。

そして、待ちに待った小野絢子さんの金平糖の精の登場。それまでも十分に魅力の溢れている舞台だったのだけれど、さらに一気に輝きを増したような印象さえ受ける。

小野さんの温かみのある笑顔からは、幸せのオーラが飛んでくるよう。緩急のメリハリをつけながら、一つ一つの動きが理想の形にきまるのがとても美しい。山本隆之王子に高くリフトされ、大きく開かれたアームスからは、キラキラ光る幸せの粉が振りまかれるよう。金平糖の精の宝石のような輝きに幸福感で一杯になり、うっとりするばかり。

山本王子もくるみ割りの世界を体現するノーブルぶりが上品でとても美しい。小野金平糖に山本王子。なんて美しい組み合わせだったことだろう。(続く)


関連記事

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:57 |  バレエ公演  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

FC2カウンター