FC2ブログ
2011.10.30 (Sun)

「パゴダの王子」 世界初演 新国立劇場 10月30日 14:00


新国立劇場 「パゴダの王子」


これは面白かった。「アラジン」より面白かったかも。

最初はそれぞれのキャラクターの見慣れない衣装に若干のとまどいも覚えながら、初めてみる「パゴダの王子」の物語を追っていく。おぉっ、だんだん面白くなっていくぞ。気分もどんどん上向きに。そして迎えた最終幕では舞台に繰り広げられる踊りに大盛り上がりっ!

さくら姫の小野絢子さん、大きな瞳の表情も生き生きと美しく可憐に困難を切り開く(今日は小野さんをみるのもすごく楽しみにしていたのだ)。福岡雄大さん、美しさを備えたテクニシャン。ノーブルな王子。そしてそして、超強力なキャラクター、湯川麻美子さんの女王エピーヌ。この人の毒気無くして物語が成り立つかという位の存在感。


これぞ"バレエ"の醍醐味とばかりに、踊りを心ゆくまで楽しめた「パゴダの王子」。カーテンコールで登場したデヴィッド・ビントレーにハッとした。感極まった表情のビントレー。初演の初日にこぎつけ、何かこみ上げてくるものがあったのだろう。新国立劇場バレエ団 オフィシャルブログ「いよいよ明日です」で先ほど本番前日のビントレーのコメント映像をみた。あぁ、そうだったのだな。カーテンコールでのビントレーの様子が理解できた。

映像のビントレーの背後には、サラマンダーが大きく配された舞台幕。今日劇場で初めてこの幕をみた時には、なんだか気味の悪い思いも少々わいたのだけれど、「パゴダの王子」を見終わった今では、このデザインしかあり得ないよって気持ちに。


関連記事

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  22:48 |  バレエ公演  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

FC2カウンター