FC2ブログ
2011.09.25 (Sun)

「ローエングリン」 バイエルン国立歌劇場 9月25日 15:00 NHKホール

ヨハン・ボータ!

何せ、美しい声が響いてきたのだよ。舞台上手の奥から。実際に白鳥に引かれて天上の世界からやってきたように、天からの使者のような美しい声が響いたのだよ。そして出てきたのだよ。巨漢のボータが。なんだか団子が団子を抱えたような恰好で(抱えられてる白鳥も相当なヴォリューム)。下手に歩むボータの姿はどすこいとまるで相撲取りのよう。予想していたこととはいえ、かなり呆気に取られてしまったのだよ、一瞬。

けれど、そんなことはすぐに忘れてしまった。ボータはローエングリンだった。聖杯の美しき騎士。第1幕、「エルザ、愛している」と告げる心からの愛の告白。これには思わずうっとりしてしまっても、よろしかったでしょうか。

小山のごときローエングリンの身体を覆うのはブルーのTシャツではなく、スタンドカラーの前開きの青いシャツ。長い袖は、袖口が短めに折り返されている。立てられた衿が首周りに程よく沿い、小顔にみせる効果あり。ボータにとてもよく似合っている。(続く)


関連記事

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

EDIT  |  23:28 |  オペラ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

FC2カウンター