FC2ブログ
2011.09.02 (Fri)

東日本大震災復興支援チャリティ・ガラ<HOPE JAPAN> 公演概要決定

先日よりバレエ公演のお知らせ(東京バレエ団<ニジンスキー・ガラ><アリーナ・コジョカルと仲間たち(仮題)>)の続いているNBSのサイトに今日掲載されたシルヴィ・ギエム<HOPE JAPAN TOUR>福島特別公演決定!。それから東日本大震災復興支援チャリティ・ガラ<HOPE JAPAN> 公演概要決定!のお知らせの内容にも圧倒されてしまった。出演者の顔ぶれ過ごし(アンソニー・ダウエル、藤村 実穂子、シルヴィ・ギエム、花柳 壽輔、林 英哲、マニュエル・ルグリ、藤舎 名生、東京バレエ団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団)。これは行かずばなるまいことよ。

ギエムの強い呼びかけに応えて、朗読を行う予定というダウエル卿、Kバレエカンパニーの新作「シンデレラ」公演も2月に控えているし、ちょうどこの時期に来日予定だったのかしらん?“予定される出演者”のまず最初にダウエル卿のお名前をみてまずは(・д・*)オォッ━!!! となってしまいました。ギエムの、日本を心から愛していたベジャールの魂を日本へ連れてくるため"日本で封印していた「ボレロ」を再び踊ることを決めた、というメッセージにはやっぱりグッときた。


その他、NBSサイトのバイエルン国立歌劇場来日公演関連のお知らせによると、ワグネリアンが泣いて喜ぶボータの「ローエングリン」であるらしいのだが、自分ももし泣くとしたら別な意味でかも。白鳥を抱くローエングリンに涙をこらえられるか自分・・・

・・・フジテレビ主催のボローニャ歌劇場来日公演も、テレビCMその他で大大的に宣伝していた看板テノール、公演開催間際(!)に3人とも降板という、なんだかな~、という結果に(交通事故のリチートラ、快方に向かいますように!)・・・


まだ8ヶ月ほど先の新国立劇場2012年5月の「白鳥の湖」公演に出演予定だったスヴェトラーナ・ザハロワは、原発問題の収束しない日本へお嬢さんを連れて来日することへの不安、そして一緒に踊る予定だったアンドレイ・ウヴァーロフの引退の知らせへの落胆から来日を断念。代役は未定。ウヴァーロフ現役引退ということは、2012年6~7月に来日予定のグルジア国立バレエでのニーナ・アナニアシヴィリのお相手はどなたに?


関連記事

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:00 |  バレエ情報  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

miyaさん、こんばんは。
ボローニャ、総崩れですね。特に最後の件は酷過ぎ。皆さんフローレスの来日を楽しみにしていたのに。どういう経過でこうなったか、本当の理由は何かは全くわかりませんが。

クラシック音楽の聴衆の減少と不況で、スポンサーも自腹購入組も減りつつあるから、引越し公演自体成り立たなくなりつつあるなぁ、というのが震災前から思っていました。さらに、地震・原発に加えて、このようなことが続いては、お金出す気になる人はさらに減るでしょう。
shushu |  2011年09月04日(日) 23:11 | URL 【コメント編集】

shushuさん、こんばんは。リチートラさん、お亡くなりだなんて、なんということになったのでしょう。
ほんとうに、人間一寸先はわからないものだと悲しみを覚えます。

ボローニャのキャスト降板の理由が、どう差し引いても日本人にとって説得力のあるように響かないのは残念、しかも公演の直前でしたからね~。新国立劇場の「白鳥の湖」降板のザハロワの語る率直な心情には十分に共感できました。

この先10年、20年後には、日本での来日オペラ公演は一体どうなっているでしょうか。全くなくなっちゃっても困るし・・・なんて言ってるから足元見られ続ける(^ ^;)???
miya |  2011年09月06日(火) 21:42 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

FC2カウンター