FC2ブログ
2011.07.30 (Sat)

「クロージング・ガラ」 アメリカン・バレエ・シアター ABT 2011 7月29日 18:30 東京文化会館 その2

「アレグロ・ブリランテ
振付:ジョージ・バランシン
音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー(ピアノ協奏曲第3番)

シオマラ・レイエス   ダニール・シムキン

間に合わず~

「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」
振付:ジョージ・バランシン 音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
パロマ・ヘレーラ、マルセロ・ゴメス

音楽性豊かなパロマ・ヘレーラ。音に合わせアクセントがつけられたり、たっぷりとためてみせたりと、見せ所が連続する。メリハリのある美しい踊りからは目が離せない。ポワントの先も軽く跳ねる。ゴメスも力強さに自信がみえ、かっこいい存在感が素敵。ヘレーラをサポートする盤石の姿が頼もしい。

コーダでは、思い切り離れた所にポジションをとったゴメスに、迷いなく正確に美しく飛び込んでいくヘレーラ。最後に下手の袖に引っ込んでいく、ヘレーラが逆さに高々と掲げ上げられるリフトも思い切りのよい見事な形。

「トロイカ」
振付:ベンジャミン・ミルピエ
音楽:ヨハン・セバスチャン・バッハ(無伴奏チェロ組曲第2番・第3番より)

トーマス・フォースター、ジャレッド・マシューズ、ブレイン・ホーヴェン
チェロ: 辻本 玲

天駆ける楽しそうな3人でした~。

「眠れる森の美女」第3幕のパ・ド・ドゥ
振付:マリウス・プティパ 音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
ジリアン・マーフィー、コリー・スターンズ

白とブルーにゴールドがキラキラ光る二人の衣装がゴージャス。マーフィーは、全幕でみたキトリよりも、お人形のような美しさのオーロラのほうが好き。派手な響きの演奏が盛り上がる中、理想の美貌のお姫様と、端正な王子のパ・ド・ドゥにうっとり。オーロラの目の表情が可愛らしく、大きな瞳の視線の行き先を思わず追ってしまう。(続く)


関連記事

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:54 |  バレエ公演  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

FC2カウンター