FC2ブログ
2011.07.19 (Tue)

<マニュエル・ルグリの新しき世界II>Bプロ 7月18日 14:00 ゆうぽうとホール

今回の公演の楽日。最後の演目「オネーギン」を踊り終え、舞台中央に寄り添うマリア・アイシュヴァルトにマニュエル・ルグリ。右肩を抱くルグリの手に、右手をそっと重ねるアイシュヴァルト。深い心の痛みを鋭く表現した後の、静かな高揚が伝わってくるようでもある。

観客の最初の拍手にこたえるルグリに、思いがけずほんの一瞬、感に堪えない表情が覗いたことにハッとさせられた。大幅な変更を余儀なくされながら、公演の実現に力を注いだルグリの熱い思いがこぼれ溢れた瞬間に思えた。

フィナーレに金の紙吹雪が華やかに降り注いだダンサー達がみせてくれた世界は、コンテンポラリーからクラシックまで、一貫してエレガントな美しさに満ちていた。ルグリ率いる来春のウィーン国立バレエ来日公演を待つ楽しみが大きくなってくる。


フィナーレのカーテンコールでは、幕の間からきらきら光る紙吹雪を舞い散らせ、勢いよく飛び出してきたデニス・チェリェヴィチコ。裸の上半身の背中にも、四角く小さなキラキラが一杯張り付いていた。なんだか微笑ましい♪2012年には彼のどんな姿をみることができるかな。


関連記事

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  08:56 |  バレエ公演  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

FC2カウンター