FC2ブログ
2011.05.15 (Sun)

映画「ブラック・スワン」


ブラック・スワン


岩田守弘さんが “唖然として・・・” “ありえない・・・” という感想を持たれた映画「ブラック・スワン」。ABTのソリスト、サラ・レーンのボディ・ダブル騒動も耳に新しい中、怖いものみたさに映画館まで行ってきました・・・・・



・・・・・で・・・・こ、これは、これは、けっして純粋なバレエ映画ではなかったのでした。それからこの映画はR15なので、バレエ映画だと思い込んで15歳未満のお子ちゃまを連れて行ってもいけないのです。どうぞお気をつけ下さいますよう。

自分は間違った思い込みで「ブラック・スワン」をみに映画館まで出かけてしまったので、めくるめく展開に、最後には一体なんじゃこりゃ、と笑えてきたくらいでした。バレエ・ファンにとっては、それはそれでそんな楽しみ方もできるサイコ・ミステリー&ホラー映画。ただし、真剣にバレエに打ち込んでいる人ほど頭にくることは請け合い。そうでもない人、スキャンダルに興味を持てる人にはかなりおすすめ。

さすがにナタリー・ポートマン、アカデミー主演女優賞をもらうだけの演技。少し触れると傷つきそうな常に怯えた自信のない表情を、クライマックスの黒鳥でがらりと豹変させてみせる落差はみもの。黒鳥の演技に熱狂的にわく客席。ありえないくらいのスタンディングオベーションのありきたりな展開にも笑えます。

バレエ団でのプリマ争い、リハーサル、後援者向けのパーティー(この辺りにはバレエ映画の趣もそこはかとなく漂います)、プリマを下ろされ引退に追い込まれたヴェテラン・プリマの自暴自棄、主人公と母親との異常な確執、自傷、ドラッグ、レズ、自慰、セックス、ついでに変身SFXまで・・・とりあえず、これだけ詰め込んでおきゃぁ、観客も喜べるだろうという制作者側の意図(?)を受け止め、2時間弱のひと時を楽しんでまいりました。


関連記事

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:18 |  映画  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

FC2カウンター