FC2ブログ
2011.04.11 (Mon)

ズービン・メータ指揮/NHK交響楽団 特別演奏会 「第九」 4月10日 16:00 東京文化会館


ズービン・メータ指揮/NHK交響楽団 特別演奏会


多くのコンサートを中止せざるをえなかった、東京・春・音楽祭-東京のオペラの森2011-の本日(10日)最終日。この日の演奏会は、3月の大震災のために、フィレンツェ歌劇場来日公演が中途で中止されやむをえない離日後、再びチャリティー公演のために日本に舞い戻ってきてくれたズービン・メータ指揮/NHK交響楽団特別演奏会(~東北関東大震災 被災者支援チャリティー・コンサート)。

今日のこのコンサートは、メータの呼びかけにより、まずは観客一同起立して黙祷の時を持つ。これまで何十年と生きてきた間に幾度となく黙祷の機会はあったのだけれども、今日の黙祷には特別な思いがこみあげてきた。東京文化会館大ホールの客席を埋め尽くす人々が、頭を垂れ、目を閉じ、震災で失われてしまった多くの人々の命を悼む。今まで何度となく足を運んできた文化会館でのこれまでに経験したことのないこの行為に、日本は未曾有の災害に見舞われてしまったのだ、という実感があらためて胸に迫ってくる。他の大勢の方々と一緒に、死者を思う沈黙の時の広がる空間に身を浸せば、思いがけないほど大きな哀しみが心から流れ出してくる。

メータの追悼の言葉、そして今被災地で苦しみにある人々への思いに続き、バッハのG線上のアリアが演奏される。魂を静めるような静かな音の波はどこまでも穏やか。メータの求め通り、追悼の曲には拍手の送られることなく、束の間をおきベートーヴェンの「第九」第1楽章が響き始める。

N響のオーケストラの奏者が心を一つに合わせ、演奏に精魂を傾ける様子からは、苦難の中にこの交響曲を生み出したベートーヴェンへと思いが馳せられる。堅固な響きには、これからの日本も歩を確かに進めていけるようにと願いをかけたくなった。

第4楽章、巨漢のバス、アッティラ・ユンの力強い歌声は血の通う人の息吹に満ち、福井敬さんのテノールが朗々と歌い上げる。ソプラノの並河寿美さん、メゾ・ソプラノの藤村実穂子さんが、女性の声の美しさを最大限に発揮する様子は宝石の煌めくがごとく。神の作りたもうた二つのジェンダーの、それぞれの特性を輝かせながら一つとなる歌声は、生きる喜びに満ち満ちていた。


客席の拍手はいつまでも鳴りやまない。その拍手は結局メータを何度もステージに呼び戻してしまうことになってしまう。満場総立ちの拍手の中、メータの姿からは、高揚よりも、落ち着いた慎ましやかさが伝わってくる。日本の国土が、人々が今、想像を絶する傷つき方をみせている時。そんな時にこその人としての振る舞いを指し示してくれたかに思えるメータのこの来日。これからもずっとずっと忘れられない。


会場内で案内されていた本日の演奏会の放映予定日のお知らせ


4月17日(日)
「N響アワー」

4月24日(日)
BSプレミアム
特選オーケストラライブ
東日本大震災チャリティーコンサート
メータ・N響の「第九」
(全曲放送)

5月22日(日)
FM サンデークラシックワイド
(全曲放送)



関連記事

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

EDIT  |  01:24 |  コンサート  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

★私もずっと忘れられないコンサート

4月10日、地元の小さなホールで伊藤 恵のピアノを聴くことができました。伊藤さんは3月から演奏会の中止が続き、テレビなどから伝えられる被災地の様子に無力さを感じたが、今日演奏会に出られて音楽の持つ祈り・踊りを聴衆と分かち合うことができ生き返った。今日を忘れない、と語られ聞いていて涙が止まりませんでした。

miyaさんにとっても10日は特別のコンサートでしたね。
金平糖 |  2011年04月11日(月) 15:24 | URL 【コメント編集】

金平糖さん、演奏会での伊藤恵さんのお言葉をお知らせ下さってありがとうございます。

無力さまで感じられた伊藤さんの思いは、多くの音楽家に共通したものだったのかもしれません。メータは、これまでの長い経験から、けっして音楽の力は無力ではなく、それどころか、こんな時に大きな力を発揮することがわかっていたからこそ、トンボ返りのように日本に戻ってきてくれたのでしょう。

今日を忘れない、と思いを語られた伊藤さんのこれからのご活躍も楽しみですね。
miya |  2011年04月12日(火) 00:20 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

FC2カウンター