FC2ブログ
2011.03.16 (Wed)

この大災害に思うこと

今回の大災害の信じられないような状況に気をとられ、今は、この災害が「東北関東大震災」と名付けられていることに遅まきながら気がつきました。歴史の教科書でしか見たことのないようなその名称の字面の恐ろしさに、今さらながらおののいています。

毎日の原発のニュースに恐れを抱きつつ、ニュースで被災地で苦しんでいる方々の映像が流れる度に、自分にも何かできることはないか、と歯痒い思いが起こってきます。

被災地の方々が今必要としているのは、もちろん物資だけれども、一個人がとりあえず、とにかくできることは、身も蓋もないけれども、ささやかでも手元にあるお金を差し出すこと。わずかなようでも、大勢の方の気持ちが集まれば、支援物資を送るための資金の一部になります。

被災地に個人がばらばらに物資を送っても、現地では、被災者に公平に配ることができるように仕分けをする余裕も今はないと聞いています。また、義援金によって賄われた物資なら規格も揃うため、輸送上の都合もよく、そのうえ配布する側も、受け取る側も、不公平さを感じるような余計な心の負担を持つことも少なくなります。

日本赤十字社では、義援金の専用口座が開設されています。また、テレビをつけると、ただ今では、どこのチャンネルでも義援金を受け付けています。

義援金としておくられたお金は、災害時の支援に長けた団体の手によって、食料品、生活物資、医薬品など、被災者の方々に必要なものに形を変えるのです。(追記:日本赤十字社におくられた義援金は、義援金委員会が設置されたうえで、被災者に配分されるそうです。また、日本赤十字社から被災者への医療救護活動や救援物資の配分などについては、日ごろより集められている活動資金を財源としているそうです。)

私の住む地域では、大きな揺れはありましたが、目立った被害はありませんでした。せめて無事だった土地では、普段通り、とまではもちろんいかないにしても(節電への協力など、平時とは違う状況があります)、ある程度は普通の生活を送らなければ、と思っております(普通の生活なので、買い溜めなどの必要もありません)。といって、被災者の方々の現況を思うと、どうしても申し訳ないような気持ちに襲われます。しかし、その思いを胸に抱えながら、日々の普通の生活を重ねることが大切だとも思うのです。被害のみられない地に住まう私たちが委縮してしまえば、少々大げさですが、ひいては日本の経済活動を停滞させ、国力を落としてしまうことにも繋がりかねません。

被災地の困難な状況は、1年や2年で解消されるものではありません。何年にも渡る息の長い支援が必要です。私たちにできることは、現在の自分の生活を保ちながら、今だけではなく、これからも長い年月に渡って、絶えず被災地に思いをはせ、自分にできることをし続けることだと思います。


関連記事

テーマ : 日記 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  22:17 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

FC2カウンター