FC2ブログ
2011.01.28 (Fri)

ダンツァ DANZA 2011 2-3  第32号




クローズアップ・インタビューの小出領子さん、4月の東京バレエ団公演「ラ・バヤデール」では、サラファーノフのように背が高いダンサーと組むのは初めてだとのこと。楽しみです。

同じくクローズアップ・インタビューのアレクサンドル・セルゲーエフ(マリインスキー・バレエ)、古典から現代作品までレパートリーの幅が広いという彼、掲載されている写真は、合同ガラのプログラムのよか、余程よいな。

“未来のエトワール”は、ボリショイ・バレエのアンナ・ニクリーナ。かあいい。2012年に予定されるボリショイ・バレエ日本公演で来日予定。予定演目「スパルタクス」「ライモンダ」「白鳥の湖」、すべてが彼女のレパートリーだというから、どれでみることができるかしら。


関連記事

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:03 |   | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

FC2カウンター