FC2ブログ
2011.01.16 (Sun)

「シンデレラ」 ベルリン国立バレエ 1月15日 13:30 東京文化会館

昨日のベルリン国立歌劇場「シンデレラ」公演・・・

マラーホフの甘いモノ好きのバレリーナの、愉快で滑稽で、それでいて、そこはかとなく漂うペーソス。

人間としての理想の完璧プロポーションを持つポリーナ・セミオノワのキュートな女性らしさ。

ゲスト・ダンサー/王子、ミハイル・カニスキンのポリーナを包み込む温かくおおらかな笑顔に動き。

元プリマ/仙女、ベアトリス・クノップの優雅さ。

隙の無いスーツ姿の芸術監督、バーバラ・シュローダーの冷たい意地悪ぶり・・・


マラーホフ版の「シンデレラ」は、見慣れたアシュトンの「シンデレラ」のお伽話を現実的なダンサーの世界に置き換えたもの・・・だった。

宮殿はデザイン化された電飾のセット、そして、後々マラーホフの「シンデレラ」ってどんなのだっけ、と思い返してみた時に、きっとまず最初に頭に浮かぶであろう、舞台一杯に広がったスタジオの殺風景な穴の開いた防音壁。ガラスの靴は出てこないし、王子に選ばれたシンデレラが二人で末永く幸せになるというお伽話のラストでは、ヒロインが花束を胸に笑顔で抱きしめ、たった一人きりで星のきらめく舞台に立つ。

プログラムの解説を後で読む。マラーホフ版のシンデレラは、彼女自身の努力によってダンサーとしての成功の糸口をつかみ、そして彼女の前にはまだこれから研鑽を積まなければならない厳しい世界が広がっているのだな、なるほど、プロコフィエフの「シンデレラ」の響きを借りながらも、お伽話の「シンデレラ」とは非なる、より現実に即した物語に換骨奪胎したものだったのだな、と理解。

箱からお菓子を取り出しては、美味しそうに口に運ぶマラーホフのバレリーナ。彼がみせる愉快なパフォーマンスには、客席からも常にくすくす声が響く。床の上ですべってみせたり、さりげなく足を180度真上に振り上げてみたり。ポワントで踊る女装姿も板につき、観客を楽しませてくれる。第2幕、ゲストのスター・ダンサーには全く相手にされず、しょぼんと元気を失くしたマラーホフに、哀切溢れる道化の表情も垣間見える。

手にしたスキットルからぐびぐび酒を口にするアル中のバレリーナ、フェデリコ・スパリッタ、こちらもマラーホフと息の合ったコンビ。

スタイリッシュなショート・ヘアを季節の色にそめた四季の妖精たちの踊りが華やか。お付きの騎士たちが4人そろって生きよく軽やかに跳ねるのが目に楽しかった。


関連記事

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  22:26 |  バレエ公演  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

FC2カウンター