FC2ブログ
2010.11.14 (Sun)

「アリア」「火の鳥」「3人のソナタ」モーリス・ベジャール・バレエ団 11月14日 14:00 東京文化会館

東京文化会館に出かける前に、終演時刻を知りたくて、NBSのサイトでキャスト表を確かめる。そうしたら、あれっ、ひょっとして1つ演目が増えているのでは・・・「アリア」「火の鳥」「3人のアリア」の3つに加えて「メフィスト・ワルツ」と題する演目が追加されている。しかもリストのだとくれば、自分のお気に入りのあの曲に違いない。楽しみに出かけたところ、ジル・ロマンの意向により、日本のファンに特別プレゼントとして追加上演されることとなった次第であることを知る。

「メフィスト・ワルツ」 ストレッチャーに横たわる死体の美女を甦らせ操っていた男が、いつしか逆に美女に支配され、今度は自分がストレッチャーに乗せられ運び出されてしまうという、とてもわかりやすい内容。

それに先だって上演された「3人のソナタ」に「火の鳥」も、自分的には意外にもなかなか面白くて、そして、とりの「アリア」では、ダンサーのすごさを思い知らされて~エリザベット・ロスにダリア・イワノワにカテリーナ・シャルキナでございますよ!~それでもって、内容はしかしなんだかよくわからんのでした。


関連記事

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:58 |  バレエ公演  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

初めまして。いつも拝見させて頂いております。私も昨日のベジャール公演へ出かけました。ジルロマンの計らいで見られた「メフィスト・ワルツ」良かったです。エリザベット・ロスにもっと踊って欲しかったのですが、ダリアやカテリーナが素敵で、おっしゃるとおりダンサーのすごさが伝わりました。ジルも安心したのではないでしょうか。それにしてもマチネにもかかわらず、観客が妙にハイテンションで叫びまくっていたのが気になったのですが・・・。「80分間世界一周」でもあのようでしたか?アリアの内容は・・・わかりませんでした。エリザベットはカッコイイですねえ。ほれぼれします。
boydboyd |  2010年11月15日(月) 10:27 | URL 【コメント編集】

boydboydさん、ようこそです!
「メフィスト・ワルツ」、
思いがけず、とてもおもしろい演目をみることができて、
楽しむことができました。
ロスは独特の雰囲気がありますよね。
ベジャール・バレエをそれほど知らない私でも
自然にロスには目がひきつけられてしまいます。
そういえば、観客の歓声も飛び交っていましたっけね。
ベジャール公演での歓声にはなんだかいつの間にか慣れてしまって、
そんなものだと自然に思っていました(^ ^;)
いつもそんな感じかも・・・
boydboydさん、またどうぞいらしてくださいね。

miya |  2010年11月15日(月) 22:04 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

FC2カウンター