FC2ブログ
2010.10.24 (Sun)

ボリショイ・バレエ&マリインスキー・バレエ 合同ガラ公演 Bプロ 10月24日 14:00 東京文化会館

今日も楽しかった~。今日は、すべての演目が終了したのが17時54分頃、カーテンコール終了が18時2分頃。予定上演時間の3時間35分を大幅に上回り、4時間ほどの長丁場。楽しくって素晴らしかったのだけれど、4時間ほどの舞台を2日続けては、さすがに疲労感、でも心地よいやつ。

ロパートキナ、「ファニー・パ・ド・ドゥ」の最後のリフトでは、コールプに高くリフトされ、手に持つ赤いバッグを高く掲げ、中からは何も出さずに終わったのだけれど、あら、最後に出演者全員が揃ったカーテンコールでは、ちゃんとお約束のように、バッグの中から紙吹雪を可愛く散らしてくれたのに場内が沸く。

もうとにかく、皆、素晴らしいダンサーばかり。その中でも、敢えて一番初めにあげるとすると、ロブーヒン。だって、あまりに男らしいのですもの。筋骨隆々とした体躯に少々の重さは感じられても、そこから発散される力強さに萌え萌え~。カーテンコールで、上半身裸の逞しいアリの姿で客席に向かって大きく手を振ってくれたのにまた萌え~。

ロブーヒンと対照的なのがメルクーリエフ。カールのきいた長髪、細い身体は一見女性的でもあるのだけれども、こちらがちょっと油断すると絡め取られてしまいそうな、セクシーな匂いを身体の芯から発している。

ワシーリエフ。言うまでもない超絶技巧。三次元の世界を我が物に。けれど、それは持てる力で空間を捩じ伏せるのではなく、あくまでも余裕綽々に手なずけているようであるところに美しさがみえる。

シクリャローフ、風貌から漂う甘さ同様に、身体から甘やかな情熱を発するのに惹きつけられる。

サラファーノフ。今回一番驚いたのが彼。一体何歳になるのかは知らないのだけれど、ずいぶんと大人びたこと。テクニックにはもちろん定評のある彼。ちょっと風格のある落ち着きまで手に入れて、これからが楽しみになってきた~。

ヴォルチコフにセルゲーエフ。どちらも初めてみるダンサー。ヴォルチコフのイケてるお顔と動きは安心してみていられるし(カーテンコールで上から降ってきた金の紙吹雪を集めて、楽しそうにパッと散らしていたのは彼だったかしら)、セルゲーエフは危険なセクシーさに、しっとりとしたしなやかさが印象に残る。

今回のコールプ、Aプロの「愛の伝説」の衣裳が強烈で・・・青の総タイツに赤のマント・・・色の取り合わせに一瞬スーパーマンかと思った。もちろん民族っぽい美しい装飾は施されているのだけれど・・・で、「ジュエルズ~ダイヤモンド」は当然美しいし、「ファニー・パ・ド・ドゥ」では、お茶目な美しさで楽しませてくれました。


関連記事

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  22:26 |  バレエ公演  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

いらしたんですね?A も B も(笑)
ワタシは火曜、水曜に行ってきます♪

サラくん、マリインスキーとしては最後になっちゃうしねぇ。
ザハロワ産休、アレクサンドロワ不在……なれど、やっぱり期待ふくらみます。

今回は教育の「芸術劇場」で放映してくれないのかしら……。
robybandy |  2010年10月25日(月) 00:12 | URL 【コメント編集】

robybandyさん、今頃合同ガラ、堪能なさった頃でしょうか。
思いっきり楽しまれたことでしょうね。

で、頂戴したコメントへのお返事で、なんて失礼を重々承知で・・・
Atelier Piazza、オープンおめでとうございます!
手ずからのバレエ衣装に小物の商品販売だなんて、
すごいですね。
才能がおありなのだわ、うらやましい~♪
miya |  2010年10月26日(火) 22:24 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

FC2カウンター