FC2ブログ
2010.10.12 (Tue)

マーフィー版 「白鳥の湖」 オーストラリア・バレエ団  10月9日 15:00 東京文化会館 その3

第2幕、いくらもがいてもどこにも逃げ場のないサナトリウムが舞台。見舞いにきた王子と、怯えるオデットの、上下が逆さになってしまうリフトを含んだパ・ド・ドゥはどこか禍々しい。オデットを訪ねてきたはずの王子は、病室の窓辺にロットバルト男爵夫人の姿を認め、再びオデットのもとを去ってしまう(ひょっとして、これもオデットの幻覚???)。

ここより広がる夢の世界はオデットの心象風景。温かみの無い、寒々しく辛い世界が広がる。舞台奥の円台の湖面の上には、白鳥の乙女達。オデットが、王子とパ・ド・ドゥをどれだけ美しく舞おうとも、それはオデットの心の中の願望に過ぎないのだもの。サナトリウムで自由のきかないオデット。その枷が、みるこちら側にも把握出来ているので、王子と愛を交わす踊りも空虚にみえる。喜びが溢れ出る筈の愛のパ・ド・ドゥも、どこか冷たさが滲むようであるのが悲しい。

オデットの幻想の白の世界に、汚点がポツリと滲み出すように登場したロットバルト男爵夫人。その黒の衣装が忌わしい。空虚で実体の無い世界の中でさえ、王子はその汚点に搦め捕られて去って行ってしまう。

第2幕のオデットは、大勢の白鳥に囲まれていながら、どこまでも一人。自分の心の回りに張り巡らされた囲いの中からは出ることができない悲しい捕われの身。病室の中から窓の外をただ眺め、自分の身を抱き震えるばかり。(続く)


関連記事

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  21:21 |  バレエ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

FC2カウンター