FC2ブログ
2012.06.22 (Fri)

新国立劇場 2014/2015シーズンからの芸術監督予定者発表

新国立劇場2014/2015シーズンからの芸術監督予定者発表。

オペラ部門 飯守泰次郎氏
 芸術監督の任期(予定):2014年9月1日~2018年8月31日(4年間)

舞踊部門  大原永子氏
 芸術監督の任期(予定):2014年9月1日~2018年8月31日(4年間)

演劇部門 宮田慶子氏 再任  
 現任期:2010年9月1日~2014年8月31日(4年間)
 再任任期:2014年9月1日~2016年8月31日(2年間)


新国立劇場:2014/2015シーズンからの芸術監督予定者


MSN産経ニュースによれば、オペラ部門の尾高忠明氏、舞踊部門のデビット・ビントレー氏の両現芸術監督には、再任が依頼されたそうですが、両氏共に多忙を理由として固辞されたそうです。

MSN産経ニュース:次期芸術監督に飯守、大原両氏 新国立劇場


2010年9月に芸術監督に就任のビントレー氏とのお別れがくるなんてこと、全然考えていなかったな。始まりがあれば終わりの時があるのは当たり前なんだけれど・・・


スポンサーサイト
EDIT  |  22:19 |  バレエと音楽  | CM(0) | Top↑
2012.01.24 (Tue)

新国立劇場 2012/2013シーズンラインアップ 発表

新国立劇場の2012/2013シーズンラインアップが発表されました。

2012/2013シーズン
 オペラ公演
 バレエ公演
 コンテンポラリーダンス公演
 演劇公演

バレエ公演のキャストで明らかになっているのは「シルヴィア」の初日の小野絢子さん&福岡雄大さん、ゲストの佐久間奈緒さん&ツァオ・チーのみ。バレエ団ダンサーの中での切磋琢磨のうえ、キャスティングも徐々に決まっていくことでしょう。

こどものためのバレエ劇場は「シンデレラ」。
地域招聘公演は貞松・浜田バレエ団。

ダンス公演では、金森穣さん、中村恩恵さん振付の「DANCE to the Future 2013」や、森山開次さんの新作、ユニット・キミホの新作、平山素子さんの作品など。

また、首藤康之さんが、長塚圭史さん作・演出・出演の演劇公演「音のいない世界で」に出演。他出演は近藤良平さん、松たか子さん。ダンサー・首藤さんに近藤さん、対する長塚さんに松さん。一体どんな舞台に?(2012年12月~2013年1月公演 小劇場)

オペラは、2009年の「チェネレントラ」でノリノリだったアントニーノ・シラグーザの「愛の妙薬」での登場が楽しみ。「魔笛」はオール日本人キャスト。これはタミーノの望月哲也さんが楽しみだなぁ。



新国立劇場 2012/2013シーズン
バレエ


シルヴィア
(新制作)
10/27(土)
14:00
10/28(日)
14:00
10/31(水)
19:00
11/1(木)
14:00
11/2(金)
19:00
11/3
(土・祝)
14:00
シルヴィア小野絢子新国立劇場
ダンサー
佐久間奈緒新国立劇場
ダンサー
佐久間奈緒新国立劇場
ダンサー
アミンタ福岡雄大新国立劇場
ダンサー
ツァオ・
チー
新国立劇場
ダンサー
ツァオ・
チー
新国立劇場
ダンサー


12/15(土)
14:00
12/16(日)
14:00
12/18(火)
14:00
12/21(金)
19:00
12/22(土)
14:00
12/23
(日・祝)
14:00
12/24
(月・祝)
14:00
予定
キャスト
未 定


1/24(木)
19:00
1/25(金)
19:00
1/26(土)
14:00
1/26(土)
19:00
1/27(日)
14:00
予定
キャスト
未 定


2/17(日)
14:00
2/20(水)
19:00
2/22(金)
19:00
2/23(土)
14:00
2/24(日)
14:00
ジゼル新国立劇場
ダンサー
ゲストゲスト新国立劇場
ダンサー
新国立劇場
ダンサー
アルベルト新国立劇場
ダンサー
ゲストゲスト新国立劇場ダンサー新国立劇場
ダンサー


3/26(火)
19:00
3/27(水)
19:00
予定キャスト未 定


4/28(日)
14:00
4/29(月・祝)
14:00
5/2(木)
19:00
5/3(金・祝)
14:00
5/4(土)
14:00
予定キャスト未 定


6/22(土)
14:00
6/23(日)
14:00
6/29(土)
14:00
6/30(日)
14:00
予定キャスト未 定



新国立劇場 2011/2012シーズン
オペラ


ピーター・グライムズ 2012年10/2(火)~14(日)
【指揮】リチャード・アームストロング
【演出】ウィリー・デッカー
【美術・衣裳】ジョン・マクファーレン

【ピータ・グライムズ】スチュアート・スケルトン
【エレン・オーフォード】スーザン・グリットン
【バルストロード船長】ピーター・シドム
【アーンティ】キャサリン・ウィン=ロジャース
【姪1】鵜木絵里
【姪2】平井香織
【ボブ・ボウルズ】高橋 淳
【スワロー】久保和範
【セドリー夫人】加納悦子
【ホレース・アダムス】望月哲也
【ネッド・キーン】吉川健一
【ホブソン】大澤 建

【合 唱】新国立劇場合唱団
【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団

トスカ  2012年11/11(日)~23(金・祝)
【指揮】沼尻竜典
【演出】アントネッロ・マダウ=ディアツ
【美術】川口直次
【衣裳】ピエール・ルチアーノ・カヴァロッティ
【照明】奥畑康夫

【トスカ】ノルマ・ファンティーニ
【カヴァラドッシ】サイモン・オニール
【スカルピア】センヒョン・コー
【アンジェロッティ】谷 友博
【スポレッタ】松浦 健
【シャルローネ】峰 茂樹
【堂守】志村文彦

【合 唱】新国立劇場合唱団
【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団

セビリアの理髪師  2012年11/28(水)~ 12/9(日)
【指揮】カルロ・モンタナーロ
【演出】ヨーゼフ・E ケップリンガー
【美術・衣裳】ハイドルン・シュメルツァー
【照明】八木麻紀

【アルマヴィーヴァ伯爵】ルシアノ・ボテリョ
【ロジーナ】ロクサーナ・コンスタンティネスク
【バルトロ】ブルーノ・プラティコ
【フィガロ】ダリボール・イェニス
【ドン・バジリオ】妻屋秀和
【ベルタ】与田朝子
【フィオレッロ】桝 貴志

【合 唱】新国立劇場合唱団
【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団

タンホイザーとヴァルトブルクの歌合戦
2013年1/23(水)~ 2/5(火)
【指揮】コンスタンティン・トリンクス
【演出】ハンス=ペーター・レーマン
【美術・衣裳】オラフ・ツォンベック
【照明】立田雄士

【領主ヘルマン】クリスティン・ジグムンドソン
【タンホイザー】ラーシュ・クレーヴェマン
【ヴォルフラム】ヨッヘン・クプファー
【ヴァルター】望月哲也
【ビーテロルフ】小森輝彦
【ハインリヒ】高橋 淳
【ラインマル】斉木健詞
【エリーザベト】ミーガン・ミラー
【ヴェーヌス】エレナ・ツィトコーワ

【合 唱】新国立劇場合唱団
【管弦楽】東京交響楽団

愛の妙薬  2013年1/31(木)~ 2/12(火)
【指揮】ジュリアン・サレムクール
【演出】チェーザレ・リエヴィ
【美術】ルイジ・ペーレゴ
【衣裳】マリーナ・ルクサルド
【照明】立田雄士

【アディーナ】ニコル・キャベル
【ネモリーノ】アントニーノ・シラグーザ
【ベルコーレ】成田博之
【ドゥルカマーラ】レナート・ジローラミ
【ジャンネッタ】九嶋香奈枝

【合 唱】新国立劇場合唱団
【管弦楽】東京交響楽団

新国立劇場開場15周年記念公演
アイーダ
  2013年3/11(月)~ 30(水)
【指揮】ミヒャエル・ギュットラー
【演出・美術・衣裳】フランコ・ゼッフィレッリ
【照明】奥畑康夫
【振付】石井清子

【アイーダ】ミカエラ・カロージ
【ラダメス】カルロ・ヴェントレ
【アムネリス】マリアンネ・コルネッティ
【アモナズロ】堀内康雄
【ランフィス】妻屋秀和
【エジプト国王】平野 和
【伝令】樋口達哉
【巫女】半田美和子

【合 唱】新国立劇場合唱団
【管弦楽】東京交響楽団

魔 笛 2013年4/14(日)~ 21(日)
【指揮】ラルフ・ヴァイケルト
【演出】ミヒャエル・ハンペ
【美術・衣裳】ヘニング・フォン・ギールケ
【照明】高沢立生

【ザラストロ】松位 浩
【タミーノ】望月哲也
【弁者】大沼 徹
【僧侶】加茂下 稔
【夜の女王】安井陽子
【パミーナ】砂川涼子
【侍女Ⅰ】安藤赴美子
【侍女Ⅱ】加納悦子
【侍女Ⅲ】渡辺敦子
【パパゲーナ】鵜木絵里
【パパゲーノ】萩原 潤
【モノスタトス】高橋 淳
【武士Ⅰ】羽山晃生
【武士Ⅱ】長谷川 顯

【合 唱】新国立劇場合唱団
【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団

新制作
ナブッコ
  2013年5/19(日)~ 6/4(火)
【指揮】パオロ・カリニャーニ
【演出】グラハム・ヴィック
【美術・衣裳】ポール・ブラウン
【照明】ヴォルフガング・ゲッペル

【ナブッコ】ルチオ・ガッロ
【アビガイッレ】マリアンネ・コルネッティ
【ザッカーリア】コンスタンティン・ゴルニー
【イズマエーレ】樋口達哉
【フェネーナ】谷口睦美
【アンナ】安藤赴美子
【アブダッロ】内山信吾
【ベルの祭司長】妻屋秀和

【合 唱】新国立劇場合唱団
【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団

コジ・ファン・トゥッテ  2013年6/3(月)~ 15(日)
【指揮】イヴ・アベル
【演出】ダミアーノ・ミキエレット
【美術・衣裳】パオロ・ファンティン
【照明】アレッサンドロ・カルレッティ

【フィオルディリージ】ミア・パーション
【ドラベッラ】ジェニファー・ホロウェイ
【デスピーナ】天羽明惠
【フェルランド】アレクセイ・クドリャ
【グリエルモ】ドミニク・ケーニンガー
【ドン・アルフォンソ】ホセ・カルボ

【合 唱】新国立劇場合唱団
【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団

新制作/創作委嘱作品・世界初演
夜叉ヶ池
  2013年6/25(火)~ 30(日)
【指揮】十束尚宏
【演出】岩田達宗
【美術】二村周作
【衣裳】半田悦子
【照明】沢田祐二

【合 唱】新国立劇場合唱団
【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団



テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  14:11 |  バレエと音楽  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2012.01.20 (Fri)

新国立劇場 2012/2013シーズン オペラ バレエ ラインナップ

新国立劇場より今日届いた、セット券継続のお知らせに掲載されていた2012/2013シーズンのラインナップ。1月24日(火)にサイトに詳細がアップされるのが待ち遠しいです。


新国立劇場 2012/2013シーズン

バレエ

シルヴィア
シンデレラ
ダイナミック・ダンス! (中劇場)
ジゼル
ペンギン・カフェ
ドン・キホーテ



オペラ

ピーター・グライムズ (新制作)
トスカ
セビリアの理髪師
タンホイザー
愛の妙薬
アイーダ
魔笛
ナブッコ
 (新制作)
コジ・ファン・トゥッテ
夜叉ヶ池
 (中劇場)




なお、「DANCE to the Future 2013」も中劇場で、2013年の3月に開催されます。


EDIT  |  18:25 |  バレエと音楽  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2012.01.08 (Sun)

リニューアルされたオーチャードホールの座席

昨年12月23日にリニューアルオープンしたBunkamura。同じく新しくなった公式サイトで昨年末にアップされていた「スペシャル対談 シアターコクーン芸術監督 蜷川幸雄 ×オーチャードホール芸術監督 熊川哲也」にさっきようやく気がつき読んでいるうちに、あっそうだ、オーチャードホールの座席は一体どう変わったのかな?と座席表を確認してみれば、なるほど、確かに1階席前方中央ブロックが千鳥配置に変更されている。ちょっとわかりにくいけれど、シブヤ経済新聞に掲載されている写真からもなんとかその様子がわかる(オケの入るバレエ公演では、6列目が最前列になるのかな)。

2月のKバレエカンパニーの「シンデレラ」公演で、一体どんなものか確認してこよう。といっても、Kの公演で中央ブロックになんて座れたことなどないから、舞台の見え具合は確かめようも無いけれど。


テーマ : 日記 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:32 |  バレエと音楽  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2011.12.09 (Fri)

「ウイーン・フィル・ニューイヤー・コンサート・2012」のNHKでの放映日時

「ウイーン・フィル・ニューイヤー・コンサート・2012」のバレエの舞台はオーストリアはウィーンのベルヴェデーレ宮殿。振付はダヴィッド・ボンバナ。衣装は2005,2007,2009年に続き4度目のChristof Cremer。
Neujahrskonzert 2012 live im ORF)。

バレエは次の3曲で。

ヨハン・シュトラウス2世:
  ワルツ「人生を楽しめ」(Freut euch des Lebens)
ヨーゼフ・シュトラウス
  ポルカ・マズルカ「燃える恋」(Brennede Liebe)
ヨハン・シュトラウス2世:
  ワルツ「美しく青きドナウ」(An der schönen blauen Donau)



ウイーン・フィル・
ニューイヤー・コンサート・2012


2012年1月1日(日)19:00~22:00 NHK教育
2012年1月1日(日)19:15~22:00 NHK-FM
2012年1月7日(土)15:30~17:30 NHK総合
2012年1月9日(月)9:00~11:30 NHKBSプレミアム

指揮:マリス・ヤンソンス
振付:ダヴィッド・ボンバナ





テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

EDIT  |  08:00 |  バレエと音楽  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2011.12.07 (Wed)

今日の日記


年末ジャンボ 西銀座チャンスセンターへの列 


2時間半待ち。マヂ???年末ジャンボ買うのに。

夕刻近く。宝くじ売り場の西銀座チャンスセンター、中でも1番売り場の人気はほんとにすごい。他の番号の売り場なら15分程並べば買えるらしい。それでも15分かぁ。自分は並ばない所でしか買わないから当たらないのかなぁ?

ぴあクラシックの新しいのが出ているらしいのを、ジャパンアーツ バレエ・舞踊ブログで知ったので、山野楽器に寄ってもらった。2012年注目のバレエ公演が2ページに渡り取り上げられている。うち半分(つまり1ページ)がボリショイ・バレエの記事。

同誌に「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」の来年2012年のテーマも発表されていた。

「サクル・リュス」(ロシアの祭典)

まずはメインにリムスキー=コルサコフ、チャイコフスキー、「ロシア音楽にどっぷり浸ってください」の吹出しつきのラフマニノフ、ストラヴィンスキー、プロコフィエフにショスタコーヴィチ、とロシアの作曲家がずらり並ぶビジュアルはインパクトあり。もちろん他の「五人組」メンバーなどなども。・・・これはちょっと楽しみだな。

共同通信PRワイヤー:ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2012 開催概要決定


テーマ : 日記 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:42 |  バレエと音楽  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2011.06.08 (Wed)

今年のサイトウ・キネン・フェスティバルで バレエ「中国の不思議な役人」

小澤征爾さんの本格復帰が発表されました。小澤さんが総監督を務める「サイトウ・キネン・フェスティバル松本2011」で8月にバルトーク作曲のオペラ「青ひげ公の城」を指揮。その「青ひげ公の城」と、同じくバルトーク作曲のバレエ「中国の不思議な役人」が二部構成で上演されるそうです(バルトーク: バレエ「中国の不思議な役人」/オペラ「青ひげ公の城」 まつもと市民芸術館・主ホール)

「中国の不思議な役人」の演出・振付は金森穣さん。指揮は沼尻竜典さん。8月21,23,25,27日の4日間公演。小澤さん、冗談混じりで「バレエの方は猥雑で激しい動き。全身を使うのでちょっと難しい。若い沼尻さんに任せて、私は上品なオペラをやります」とのこと。


nikkansports.com:世界のオザワ、昨年12月以来本格指揮へ


まつもと市民芸術館 芸術館日誌では、金森穣さん、沼尻竜典さん、小澤征爾さん、串田和美さんの4人並ばれた写真が掲載。まつもと市民芸術館の芸術監督串田和美さんは、まつもと市民芸術館とサイトウ・キネン・フェスティバル松本が初めて共同製作するストラヴィンスキー「兵士の物語」に悪魔役で出演。兵士は石丸幹二さん(8月20,22,24,26日 まつもと市民芸術館・実験劇場)。

チケットの一般発売は7月2日(土)。行ってみたいな~、松本。


テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  00:05 |  バレエと音楽  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2011.06.07 (Tue)

ウィンナー・フェスト 2012

NBS NEWS 2011.6に掲載されていた《ウィンナー・フェスト 2012》のお知らせ。「アンナ・ボレーナ」はエディタ・グルベローヴァ。


ウィンナー・フェスト 2012


2012年4月
ウィーン国立バレエ団
「こうもり」
 ローラン・プティ振付
《ウィーン・ガラ》

2012年5月
ウィーン・フォルクスオーパー
「こうもり」
 指揮:アルフレート・エシュヴェ、エンリコ・ドヴィコ
 演出:ハインツ・ツェドニク
「ウィンザーの陽気な女房たち」
 指揮:サッシャ・ゲッツェル
 演出:アルフレート・キルヒナー
「メリー・ウィドウ」
 指揮:エンリコ・ドヴィコ、アルフレート・エシュヴェ
 演出:マルコ・アルトゥーロ・マレッリ

2012年10月~11月
ウィーン国立歌劇場
「サロメ」
 指揮:フランツ・ウェルザー=メスト
 演出:ボレスラフ・バルロク
 出演:バークミン
「スペードの女王」
 指揮:小澤征爾
 演出:ヴェラ・ネミロヴァ
「アンナ・ボレーナ」
 指揮:エヴェリーノ・ピド
 演出:エリック・ジェノヴェーゼ
 出演:エディタ・グルベローヴァ

「子どものための魔笛」
 小澤征爾



テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

EDIT  |  00:10 |  バレエと音楽  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.04.07 (Wed)

「日本オーストリア交流年2009」の切手 / フィーリンのインタビュー


日本オーストリア交流年2009


昨年が日墺(オーストリア、て難しい漢字で書くのね)修交140年の年で「日本オーストリア交流年2009」なんてのが開催されていたなんて全く知らなかったのだけれど、今日郵便局に行ったら、昨年10月に発売になり売切れていたという記念の切手が再発売されていて、モーツァルトの切手、てなんかよいな~、と購入。オーストリア皇妃エリザベートの切手も素敵。


今日の読売新聞夕刊に掲載されたセルゲイ・フィーリンのインタビュー記事では、国立モスクワ音楽劇場バレエ団の稽古に打ち込む芸術監督フィーリンの熱意が伝わってきました。来日公演初日の13日のガラ公演に出演予定のフィーリン、芸術監督の仕事に体力を取られ、不完全な状態では舞台に立ちたくないので出演は当日まで分からない、という事情みたい。ドキドキもの。


テーマ : 日記 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:58 |  バレエと音楽  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.10.17 (Sat)

ジャパン・アーツぴあ 一部の公演が座席ブロックの選択可に

今日は2010年7月に来日のトリノ王立歌劇場のジャパンアーツでの夢倶楽部会員のネットでの発売日でした。

ジャパンアーツから昨日届いたお知らせのメールで知ったのだけれど、公演によってはブロック指定してチケットを購入することができるようになったみたい。あら、嬉しい(ジャパン・アーツぴあのサイトに2009年9月28日付けでそのお知らせが掲載されていました。今回のトリノは東京文化会館での公演のみブロック指定可)。

ところが、そのことが頭の隅にあったはずなのだけれど、今朝の10時にはすっかり忘れていたのを途中で思い出して操作をやり直したりしているうちに、狙っていた最安席はあっという間に売り切れになってしまっていたのでした(ToT)

ぴあでのブロック選択、てのは私は初めてだったので、選び方も少しとまどってしまった。次回からはもたもたしないようにしたい。

そういえば、この間頼んだばかりのグルジア国立バレエもひょっとしてブロック指定できたのかしら、と念のため確かめてみたら、こちらは違ったみたい。バレエの公演もこれからはブロック指定ができるようになるととても嬉しいです。


テーマ : 日記 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  22:23 |  バレエと音楽  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | HOME |  NEXT

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

FC2カウンター