FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2013.04.20 (Sat)

「おのれナポレオン」 三谷幸喜作・演出 4月10日 14:00 東京芸術劇場プレイハウス


おのれナポレオン


もうみてから10日ほどもたってしまったけど、忘れられないのは野田秀樹ナポレオンの登場。1階客席下手側の出入り口が開けられ、「急げ潮が満ちる」とあたふたと客席通路に駆け込み、ちょこまかと舞台に進む(さんざっぱら待たせていた総督を無視して潮干狩りにいっちゃった)野田ナポレオン。その姿を、まずは呆気にとられるような思いで目で追ってしまった。

この日の自分の座席は2階客席上手側のカーブしている辺り。客席の通路が多用されたこのお芝居では、2階席だけれど、役者さんの出入りがちょうどよくみえる側。

この一見気まぐれで人を振り回す才能に大いに溢れているようにみえる、(実生活でそばにいられると困る?)実に魅力的なナポレオンの深慮遠謀が明らかとなる終盤。周囲の人間の心理と行動を読み、チェスの駒を動かすように、長い時間をかけて自らの最期への周到な策略を巡らせたナポレオン。その謎解きに、舞台中央に影のように存在し続けるナポレオン野田さんの、策謀家のみせる静かな微笑みの表情も忘れ難い。

ナポレオンと対照的に、ナポレオンの幽閉されたセントヘレナ島の総督、ハドソン・ロウの内野聖陽さんの常識人がみせる苦しみ、そして常識人であるがゆえに持つ、英雄の理想像への憧れをみせる場面もみどころだった。

ナポレオンを愛した美しい女。愛し抜いた故の危険な振る舞いまで、実はナポレオンに読まれていたアルヴィーヌを、天海祐希さんが華やかな美しさで。

ナポレオンの忠実な従僕マルシャン。ナポレオンのために物言わずして嬉々として立ち回る姿や、後の謎解きにみせる怜悧な表情が印象的な浅利陽介さん。子役時代にテレビドラマでみて以来の再会。立派になったな~と親戚のおばさんのノリでしみじみ。


スポンサーサイト

テーマ : 演劇・劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  00:05 |  芝居  | CM(0) | Top↑
2013.04.02 (Tue)

歌舞伎座 杮葺落四月大歌舞伎 初日


歌舞伎座 四月大歌舞伎 初日 


新開場の歌舞伎座、杮葺落公演の初日。大賑わいの劇場前。

雨の中、テレビカメラを雨除けで覆い、レインコート姿の報道陣もずらりと。

筋書には、メトロポリタン歌劇場総裁ピーター・ゲルブ氏からの祝辞も。1982年、1985年に歌舞伎ニューヨーク公演がMETで行われたり、また、METライブビューイングの配給が松竹であることから。


テーマ : 演劇・劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:18 |  芝居  | CM(0) | Top↑
2013.03.08 (Fri)

「ホロヴィッツとの対話」 3月7日 14:00 パルコ劇場 その2

役者さんたちの達者な演技がみものだった。

調律師フランツ・モアの渡辺謙さんの終始誠実な態度(あれっ?その割には、ホロヴィッツが好むのはエヴィアンとわかっていながら、ヴォルヴィックとブレンドしたりもしてたっけ)。

ホロヴィッツの段田安則さんが繰り出す奇癖の数々にはおおいに笑わされた。靴に足を差し入れただけで、どのコンサートで履いてペダルを踏むのに使ったのか見事に当ててしまう、なんて実際にあり得たエピソードなのかしら???

和久井映見さん。初舞台だとはとても思えない。ホロヴィッツ夫妻の振る舞いに苛立つエリザベスの自制できない感情を、コントロールしてみせる。

高泉淳子さんのワンダの、初めて訪れた先で強引に家具の模様替えまで実行してしまう傍若無人ぶり、そしてその陰に抱えた哀しみまで滲む高きプライドが、見事にトスカニーニの娘でありホロヴィッツの妻であり。


テーマ : 演劇・劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:54 |  芝居  | CM(0) | Top↑
2013.03.07 (Thu)

「ホロヴィッツとの対話」 3月7日 14:00 パルコ劇場

調律師フランツ・モアとエリザベス夫婦宅のディナーに招かせた(!)ウラディーミル・ホロヴィッツとワンダ夫妻。この4人の一夜の物語。

神に選ばれし天才、ただし少々変わったところのある人物ホロヴィッツに、トスカニーニを父、ホロヴィッツを夫に持つ強烈な個性の持ち主ワンダ、名ピアニスト達の信頼厚き調律師、信心深いフランツに、フランツの愛する妻、少々感情的になりがちな面もあるエリザベス。

初めはコミカルに描写されていた天才ホロヴィッツの奇妙な振る舞い、ワンダの態度が、モア夫妻宅で次第に傍若無人ぶりを増すにつれ、次第に冷静さを失っていくフランツの妻。エリザベスはついには、ホロヴィッツ夫妻の娘ソニアの真実をことさらに言い立ててしまうのだけれども、戦争中に兄弟を失った経験からくる神への思いを語るフランツが、騒動を穏やかに収束させていく。

沈没する船があるとすれば、の命題に、自分はそこに残るけれども、あなたもそこに残るのだ、なぜなら、あなた一人生き残ったとしても、自分の調律したピアノをもう弾けなくなってしまうから、というフランツの答えを気に入るホロヴィッツ。まるでパズルのピースがうまくはまり込むように、自分の持たないものを相手から受け取り、お互いの命の煌めきをより増し合う姿。そして激しい感情の衝突があっても、それを解決に導こうとする力の誠実さ。そんなところに人間をみる目の大きな温かさを感じた「ホロヴィッツとの対話」でした。(続く)


テーマ : 演劇・劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:56 |  芝居  | CM(0) | Top↑
2013.02.24 (Sun)

「マクベス」 世田谷パブリックシアター 2月22日 19:00


「マクベス」 世田谷パブリックシアター


シェークスピアの「マクベス」。追加席発売の案内メールに誘惑され購入したベンチシートは、背もたれの無い文字通りベンチそのもの。それでもクッションがきいて座り心地もよく、それよりも何よりも舞台がすぐ目の前!

萬斎さんの作りだすマクベスの人物像は、初めはつるりとしていた肌が次第に汚され、刻みつけられる傷がどんどん増殖していくように変貌を遂げていく。仄暗い沼に足を捉われる、あるいは熱砂に飲み込まれていくように熱気をはらんだ恐ろしさに身震いする。見事なマクベス。萬斎マクベス、最後の戦いに剣を抜くや投げ捨てた鞘が、自分の鼻先を勢いよく掠め床を跳ねるという臨場感(!)まで味わえるという僥倖?!

衣裳や美術に和の世界を美しく溶け込ませ、シンプルな装置が、場を流れるように転換させる。マクベスの王殺しに暗い舞台に打ち上げられる赤の蜘蛛の糸。空に放たれたその音のない緩慢な動きが、舞台に恐れを美しく刻印していた。

萬斎さんのマクベス、秋山菜津子さんのマクベス夫人。そして高田恵篤さん、福士惠二さん、小林桂太さんが、3人の魔女から王からバンクォーから番卒から、マクベス夫妻を取り巻く登場人物全てをよどみなく演じてしまう。3人がその場に応じ役柄を変容させる姿は、マクベス夫妻を呑みこんでしまうどうしようもない運命のようにも感じられる。

この3人の、とりわけ3人の魔女の、腰を低くさせ地の底から湧き出てきたようにうごめく動きが面白い。高田恵篤さんの身体の踊らせ方が素晴らしく、すっかり魅せられてしまった。冒頭、袖から舞台に投げ込まれた黒のゴミ袋の態の中から出現させた脚を、突き出し伸ばす形からして目が離せなかった。

さてさて舞台終了後、例の飛んできた鞘は「これが萬斎さんの触った鞘ね♪」と近所の観客数人で回覧の後、係員に返却されました。


テーマ : 演劇・劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  22:04 |  芝居  | CM(0) | Top↑
2011.06.23 (Thu)

「淋しいのはお前だけじゃない」 6月23日 赤坂ACTシアター


淋しいのはお前だけじゃない


草刈民代さん出演の舞台。草刈さんは、大衆演劇の女座長役。なので、草刈さん、股旅ものの三度笠の渡世人姿を披露。美しく動くのはお手の物、というわけでそんな男装姿が妙に色っぽい。

これまで言葉のいらないバレエの世界に長くいらした草刈さん、口を開いて台詞を発してみれば、印象はまた変わる。さばさばとさばけた感じ。

脚長のパンタロン・スーツ姿などでの立ち居振る舞いには華があり、さすがに目立つ。主演の中村獅童さんをはじめ、登場人物たちをだます凄みがもちょっとあれば・・・


テーマ : 演劇・劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:25 |  芝居  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.12.02 (Thu)

舞台「淋しいのはお前だけじゃない」に草刈民代さん出演


淋しいのはお前だけじゃない


赤坂ACTシアターで2011年6月17日(金)~2010年6月26日(土)上演の「淋しいのはお前だけじゃない」で、草刈民代さん、獅童さんと共演。

草刈民代さんの演技ってそれこそ「Shall we ダンス?」をみたっきり。草刈さんが龍馬の母ともう一役演じた「龍馬伝」も最終回をみたのみだし(最大のみどころ、龍馬暗殺シーンの暗い色調の画面が、煌々と白い選挙速報テロップに照らされたのには、さすがにおぉっ(´Д`;)・・・)、バレエの引退後に拝見する機会は全くなかったのだけれど、獅童さんとの共演ならちょっと気になる。

市川森一さん脚本のこの作品は、元々は1982年度にテレビ大賞と第一回向田邦子賞を受賞しているテレビドラマらしいのだけれど、私には全く未知。獅童さんは借金取り、草刈さんは、大衆演劇一座の座長の妻。夫はお金を持って蒸発してしまった・・という役どころだそうです。


テーマ : 演劇・劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  22:50 |  芝居  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.04.30 (Fri)

歌舞伎座 閉場式


歌舞伎座 閉場式


歌舞伎座前に設置されたカウントダウン時計もついに残り1日となり、「閉場式」も幕を閉じてしまいました。ついに終わりの終わり。

5人の白拍子花子が踊った「京鹿子娘道成寺」、玉三郎さんには特別の美しさがあったなぁ。もう全く動くアート。


テーマ : 観劇 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:55 |  芝居  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2010.04.29 (Thu)

歌舞伎座の千龝楽


歌舞伎座 2010.4.28

今日(28日)で歌舞伎座さよなら公演御名残歌舞伎のすべての興行が終了。29日の修祓(しゅうばつ)式、30日の閉場式で60年の歴史に幕を下ろします。

千龝楽第三部と閉場式のチケット取りは緊張を伴うたいへんなものだった~。特に閉場式のなんて、取れたときには手が震えたくらい。

新しい歌舞伎座ができるのは3年後。それまで東銀座がしばしの間さびしくなります。


テーマ : 観劇 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  00:27 |  芝居  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.10.07 (Wed)

早乙女太一♪

早乙女太一、初めて生でみた~。

今までグラビアでしかみたことなかったのだけれど、生太一、素敵だったわ~。

なにもわざわざ太一さんをみにいったわけでなく、実は出演なさってることも全然忘れてたのだけれど、舞台に出てきた乙姫のように美しい踊り子、一体誰だろう、と思ってオペラグラスでのぞいたら、ぎゃっ!これが噂の早乙女太一。一度に虜にされてしまったわ~。

写真でみてるよりも動く太一のほうがもっと素敵。男姿になっての殺陣の動きの鋭さといったら、ベタな表現だけれど蝶のような舞い。カーテンコールでのぶっきらぼうな表情も素敵。18歳にして芸暦14年。これからさらにどんな進化をとげるのだろう。


テーマ : 演劇・劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:58 |  芝居  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | HOME |  NEXT

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。