FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2013.05.26 (Sun)

「ナブッコ」 新国立劇場 5月25日 14:00

ひゃっ、一瞬そこはデパートの海外高級ブランドのフロアかと錯覚。

新国立劇場の客席内に足を踏み入れば、目の前に広がる舞台には、エスカレーター2本(さすがに稼働はせず)まで備え付けたブランド売り場をイメージさせる2フロア。上演前の時間だけれども、買い物途中の客に扮した人々が、売り場特有の光で煌々と白く照らされながら思い思いのポーズで行き交っている。

おいおいおい、「ナブッコ」初心者の自分にいきなりこの舞台かい??!!の思いは、勢いのよい序曲演奏中に奇妙な踊りまで始めた買い物客をみながら更にふくらんでいったのだけれど・・・結論から言えば、


ものすごく面白うございました。


何せインパクトあり~のメリハリきき~のノリノリ~の演奏に、心がぐいとつかまれた。反射神経よろしいオケの鳴りには聴いている方の気持ちも高揚してくる。ナブッコ、アビガイッレ、ザッカーリア・・・とキャラクターがそれぞれに立つ歌手の歌いっぷりには、物語にのめり込むこともでき、加えて合唱力を堪能。演奏がよければ、突拍子もないと思えた演出を楽しむ余裕も出てくる。

ショッピング・フロアの舞台で繰り広げられる破壊・暴力行為は、昨年起きた反日デモで略奪・破壊された日系デパートを思わず連想させるほどに生々しく、生理的嫌悪を覚えさせるほど。時代に即した演出である場合には、遠い昔の、現代からはほど遠い世界の出来事として、今に生きる自分の世界と切り離して気楽に舞台に没入することができるのに、今日はそういうわけにはいかなかった。

テロリストを想起させる仮面、店先のウィンドウを割り蜘蛛の巣状に罅入れさせてしまうナブッコのバットの一撃、棒の突き刺さる片目に血しぶきの跡が見えるキューピーの大首を持つ偶像・・・秩序の保たれているはずの今の社会でも、何かのはずみでひょっとすれば自分も巻き込まれてしまう可能性もある身近なアクシデントとしても受け止められる舞台。身を切られるような不快感を伴いながら、人間の欲望の本質は、結局いつの世にも変わることもなく、それでもそこに救いを見出そうとする思いを繰り返して持とうとするのがまた人間であることだな~、なぁんて考えたりしながら、演奏終了、大拍手。



そうそう、幕間のひと時も終わる頃に気がついた。なんやらホワイエで人だかり。あら、美形の外国人男性4人が写真撮影に応じている。歌手のお顔もろくに知らない自分だけれど、あぁ6月公演の「コジ・ファン・トゥッテ」の面々の皆様よね、と当たりをつける(指揮のイヴ・アベル氏もいらしたと後で気がついた)。便乗して4人の皆様の間に挟まれ写真を撮らせて頂いた。皆様とてもフレンドリーで嬉しい♪ ここのところモーツァルトがちょっと気になりだしてきていて、新国の「コジ・ファン・トゥッテ」もちょうど楽しみにしているところ。


スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

EDIT  |  00:54 |  オペラ  | CM(0) | Top↑
2013.04.22 (Mon)

「魔 笛」 新国立劇場 4月21日 14:00


新国立劇場 「魔笛」
パパゲーナのお衣裳


いっちばん楽しかったのは、3人の童子。キラキラのセーラーカラーにショートパンツがよく似合うキュートな3人組のハーモニーが耳にも快い。

中でも童子IIの直野容子さんに目を惹かれた。大きな瞳が輝く表情が、いたずらっぽく豊かに変化する。パミーナのナイフを取り上げ遠くへほうり投げる大きな動きも美しく愉快。自分のサスペンダーを両手でパチンとはじく姿も小気味よくきまり、アンドゥオール系の脚のラインが綺麗な立ち姿も絵になっている。生き生きとした演技を大いに楽しませてもらった。

ごきぶりっぽい衣裳のモノスタトス加茂下稔さんのメークがハマりすぎ!こすっからそうなちょこまかとした動きがちょっと忘れられないくらい面白かった。

ザラストロの松位浩さん。深みある歌声、思慮深い表情、包容力の感じられる立ち姿に感動。

安井陽子さんが夜の女王の尊大さを力強い歌声で。

細やかにバランスの気遣われたオーケストラの折り重なる響きが心地よかった。


テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

EDIT  |  23:58 |  オペラ  | CM(0) | Top↑
2013.04.08 (Mon)

「ニュルンベルクのマイスタージンガー」演奏会形式 東京春祭ワーグナー・シリーズ 4月4日 15:00 東京文化会館

東京・春・音楽祭の「ニュルンベルクのマイスタージンガー」(演奏会形式)に行ってきた。といっても今日(7日)のじゃなくって、4日の木曜の。

クラウス・フロリアン・フォークトの声には独特の美しさがあるなぁ。声だけではない。舞台に登場したその姿には、目を惹きつけられるハッとする美しさあり。大きな身体なのだけれど、なんだか天使みたいな印象を与える人。翼に乗って飛んでいくような歌声には、純粋で混じり気のない輝きがある。ホールの中に詰まった空気を震わせて冴え渡り、客席まで真っ直ぐに届けるインパクトの強さには、歌い出しの際のたまさかの声の割れなど如何ほども気にならない。耳の中に響くその美しさに陶然。

アドリアン・エレートのベックメッサーの達者な演技っぷりは、大いに楽しめた。演奏会形式のこの日の公演。エレートは目の前に置かれた楽譜に目を落とすこともまるでなく、しまいには、その用無しの楽譜さえ憎々しげに小道具扱いしてしまう愉快な様子に、ベックメッサーというキャラクターを存分に味わうことができた。

ダフィトのヨルグ・シュナイダーとマグダレーネのステラ・グリゴリアンは楽譜に目を落とし気味。素敵な衣装に装飾品を身に着けたグリゴリアンの大きな瞳をもう少し拝みたかったもの。

そしてハンス・ザックスの立派なお声のアラン・ヘルド。ホールの上方席からの観劇であれば、彼の頭しか見ることができなかったのではないかと思えるほど、楽譜に忠誠を尽くされていました。まるで診察室で患者に目をやらずにPCの画面を眺めている医者を見るよう。

お声は朗々としたザックス。心に想うエファへの語りかけも、まるで十代の少年がはにかむように彼女と目を合わすことができない。彼が心に慕っていたのは譜面台に躍る音符の数々?これじゃぁ思いを込めてザックスに向けて歌うアンナ・ガブラーがあまりにお気の毒。

ザックスのその姿を見続ければ見続けるほど、こちらの心もだんだん萎えていく。この日が自分にとって「ニュルンベルクのマイスタージンガー」の初めての実演の鑑賞。いつかきっと今度は演奏会形式ではなく舞台で。


テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

EDIT  |  00:56 |  オペラ  | CM(0) | Top↑
2013.03.17 (Sun)

「アイーダ」 新国立劇場 3月17日 14:00


新国立劇場 2013.3.17

新国立劇場の「アイーダ」、初めてみた~

金色に輝く舞台が豪華過ぎ~まばゆ過ぎ~

贅を尽くした舞台美術の美しさにうっとり~

アイーダトランペットの響きも高らか~

合唱、最弱音から大音声までつややか~



音楽はアスリート系((゚ロ゚;)))

抒情性よりも反射神経重視~力わざ重視~(´∀`;)


バレエは東京シティ・バレエ団とティアラこうとう・ジュニアバレエ団。

あら、ソリストは昨日「NHK バレエの饗宴 2013」でみたばかりの志賀育江さん(第2幕第2場)に土肥靖子さん(第1幕第2場)。第2幕第2場には黄凱さんも。


テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:55 |  オペラ  | CM(0) | Top↑
2013.02.04 (Mon)

「愛の妙薬」 新国立劇場 2月3日 14:00


シラグーザ!!!!!   


*。:゚+(*・∀・)(・∀・*)+゚*+゚
*✲♪♪♪♪♪✲*


キュートな魅了ですんごく楽しかった

アディーナにネモリーノにベルコーレにドゥルカマーラ

皆様の拮抗する歌唱を演技を大いに堪能♪♪♪



テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

EDIT  |  00:52 |  オペラ  | CM(0) | Top↑
2013.01.29 (Tue)

「タンホイザー」 新国立劇場 1月26日 14:00 その2


新国立劇場 2013.1.26 


エレナ・ツィトコーワのヴェーヌス。声の隅々までが鋭く美しく音にはまり込むのが素晴らしい。

ツィトコーワのメークや衣装が素敵だった。眉下や瞼のハイライトが効果的。目を伏せれば、長い睫毛の上に乗るストーンがキラキラと光を放って美しい。肉感的な、というよりも、どちらかといえばアンドロイド的な輝きを発するヴェーヌス。

第2幕の幕切れ近くのタンホイザーを取り巻く重唱からようやく、この「タンホイザー」への自分のテンションが上がってくる。初めのうちは、その重唱の響きの中から美しく届くヴァルター=望月哲也さんのテノールに集中しようと耳をそばだてていたのが、次第にハーモニーの美しさが物語を語る豊かさに夢中になり、心が熱くなって行った。エリザベートの(美貌の)ミーガン・ミラーのソプラノがこの重唱にドラマティックに美しく重なる。幕が閉じるまでワクワクさせられた、重唱と合唱の美しい場面だった。

熱くなれた場面があれば、ぎょっとした場面も(・∀・;A

大行進の後、歌合戦が始まるまでに大挙して舞台に進み出てきた合唱陣。その皆々様のお顔は全て中央に立つ領主ヘルマンとエリザベートに向けられつつ、領主を称え歌いあげている・・・と思ってたら、お顔の向きはそのまま、視線だけが観客席の方まで飛ばされてる、その目玉の向きにぎょっ。


タンホイザー氏は、舞台の上で何度か咳払いしてるお姿を見かけた。ひょっとしてこの日は調子でもお悪かったのかしら。


新国立劇場 2012.1.24


テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

EDIT  |  23:55 |  オペラ  | CM(0) | Top↑
2013.01.28 (Mon)

「タンホイザー」 新国立劇場 1月26日 14:00


新国立劇場 2013.1.26


そういえば「タンホイザー」にいってきたのだった。え~っと「タンホイザー」だったよね、確か。

初めての新国の「タンホイザー」。

序曲の丁寧な演奏。それぞれの楽器がそれぞれに注意を払った音を丹念にクールに重ねていく。

ヴェーヌスブルクの場では、光沢のある舞台に近未来的な扮装のダンサー達が踊るのが幻想的。中心の男女のダンサー2人がとてもよかった。この日は毛利実沙子さんと小柴富久修さん。他日の公演では堀口純さんと福田紘也さんのペアも。中劇場では「ダイナミック ダンス!」の公演中だったけれども、高橋有里さんや西川貴子さんは「タンホイザー」組。(続く)


テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

EDIT  |  23:54 |  オペラ  | CM(0) | Top↑
2012.12.09 (Sun)

「セビリアの理髪師」 新国立劇場 12月9日 14:00

「セビリアの理髪師」はま~ったくの初めて。筋を知らないままこれまで時折耳にしてた♪フィーガロフィガロフィガロ・・・がとっても不思議で、「セビリアの理髪師」になぜフィガロが出てくるのか、の謎がこの度解けたね。かる~く楽しい気分にさせてくれるオペラブッファ。

ダリボール・イェニスのフィガロが歌えば、一度に舞台が生き生きと輝く。伯爵のカンツォーネにつけて何気に爪弾くギター、上手過ぎ!

ロジーナの衣装がメチャかわいい。特に第2幕の黄色から黄緑から緑へのグラデーションの。靴も同色、美しい発色、ちっちゃなリボン付き、ヒールの色も素敵。こんなのほしい。

イェニスとロジーナのこの衣装の舞台写真、売り切れだった。いつものように頼んどこうと思ったら、写真屋さんがただ今休業中で、今回は焼き増しが受け付けられないとのこと。そんな殺生な・・・


テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

EDIT  |  23:55 |  オペラ  | CM(0) | Top↑
2012.11.24 (Sat)

「トスカ」 新国立劇場 11月23日 14:00


溢れる愛と限りない憎しみに、手に汗握る「トスカ」。ど迫力!


ノルマ・ファンティーニのトスカが
麗しく美しく激しく!歌に生き、恋に生き。


サイモン・オニールのカヴァラドッシの"Vittoria!"が
恐ろしく素晴らしい感情込み込みの、絹の響きのド絶叫!


センヒョン・コーのスカルピアがマヂに怖かったよ。なんて悪い奴!


わかり切っている物語なのに、もう緊迫感溢れる場面の連続。すごいや。


サンタンジェロ城からのファンティーニのトスカの身投げがこれまたすごい。すっくと立ち両手を上に大きく広げた、そのまっすぐな姿を崩さぬまま、弧を描いた見事な落下。美しくかつ鮮烈。「碇知盛」の逆ヴァージョンだよ、こりゃ。


テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

EDIT  |  00:37 |  オペラ  | CM(0) | Top↑
2012.11.06 (Tue)

「アンナ・ボレーナ」 ウィーン国立歌劇場 11月4日 15:00 その2

もうすごい、こんなすごい演奏もあるものなのか。

声を自在に操るエディタ・グルベローヴァ。ごく自然に語るように声がころがり、吐く息に当たり前のように旋律が宿る。繊細さと大胆さを併せ持つ強靭な喉に歌心。きけば第二次世界大戦終結の翌年のお生まれであるとか。これまで長年に渡るグルベローヴァの活躍を支え続けているものは何なのだろう。

この夜の歌手の歌声は皆素晴らしかった。テノールのパーシー卿(シャルヴァ・ムケリア)がグルベローヴァのアンナのソプラノに負けじと美しく声を紡ぎ、そしてバスの低い声で美しく支えるアンナの兄ロシュフォール卿(ダン・ポール・ドゥミトレスク)、そして背負う権威をバスで響かせる暴君エンリーコ8世(ルカ・ピサローニ)は豪奢な衣装を堂々と着こなす美丈夫。アンナの女官ジョヴァンナ(ソニア・ガナッシ)が罪に苛まれる苦しみのメゾ・ソプラノをたっぷり聴かせてくれる。うかつ者の小姓スメトン(エリザベス・クールマン)、武官ハーヴェイ(カルロス・オスナ)まで、まぁなんて粒よりの歌手の揃っていたこと。

オーケストラがまた素晴らしい。パッセージの隅々までを美しく明晰に表現。歌手の声との間合いが絶妙。歌、オケと演出が渾然一体化した美しさに、オペラの醍醐味を感じた。(でもね、ほんというと、王と王妃の愛憎のおどろおどろしい物語はちょっと肉食系過ぎて、休憩挟んで3時間半ほどの上演にぐったり・・・客席大いに沸いたカーテンコールで生き返った~)


テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

EDIT  |  23:34 |  オペラ  | CM(0) | Top↑
 | HOME |  NEXT

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。